山の日【8月11日】│山の日の制定秘話

◆毎年8月11日は山の日

代表的な山のイメージの富士山↓

2014年4月25日の衆議院国会で、8月11日が祝日として賛成多数で可決。

これによって、日本の国民の祝日に16番目の祝日“山の日”が誕生しました。

山の日の趣旨は、

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。」

というもの。

施行は2016年の8月11日から開始。

ですが、2021年度は東京オリンピック開催で8月8日(日)へ移動となりました。
(東京オリンピック開催に合わせて休日を増やすための措置。)

今回は、そんな山の日の由来と、何故8月11日なのかなどの制定秘話について調べてみました。

皆様の参考になれば幸いです。

 

【制定秘話1】山の日の由来

国民の祝日が増えたのは確かに嬉しいことなんですが…

なぜ“山の日”なんでしょうか?

そう思った人もいると思います。

その理由は、山の日の制定に関して、山岳関係者や自然保護団体等からの強いプッシュがあったそうです。

富士山が世界文化遺産に登録されたし、海の日があるんだから、山の日があってもいいんじゃない?

「いや、あるべきなんだ!」

「人は、山に対して親しみを持って、その恩恵に感謝するべきだ」

そういった強いプッシュが、特定の政党ではなく、党という枠を超えて、当時の様々な国会議員たちにあったそうです。

それがキッカケで出来たのが“山の日制定議員連盟”。

党に縛られない、超党派の議員連盟です。

これによって、国民の祝日に関する法律の改正が容易になり、山の日が制定されたというワケです。

以上が、山の日の由来です。

 

目次へ戻る

 

【制定秘話2】実は反対が少なかった

国民の祝日を増やすことは、日本のGNPに対して大きな影響を与えるので、国益を考える国会議員は慎重になるのが普通です。

しかし、今回の山の日制定に関しては、反対意見を出す議員が少なかったのです。

山の日制定議員連盟”という超党派閥が出来上がっていたこともあります。

しかし、それを抜きにしても、休みが増えることに賛成する議員が多かったんですね。

そりゃそうでしょう。
公認で、お休み出来るんですから。^^

こういうことは、無駄にいがみ合うことに時間を費やす国会でも、すぐ決まるんですね。(苦笑)

 

目次へ戻る

 

【制定秘話3】山の日を8月11日にした理由

本来は8月12日を山の日にする予定でした。

しかし、8月12日は忌まわしき「日航機墜落事故の日」であることから、強い反対意見が出たそうです。

これを受けて、8月12日案を無しにしたとのこと。

また、お盆休みの直前なら、そのままお盆休みと連休をとりやすいということも考慮されて、最終的に8月11日になりました。
(ただし、2020年及び2021年は東京オリンピックに合わせて日にちが変更されました。)

連休をとりやすいと考えてくれた点は、個人的には大きく評価したいと思います♪

こんな調子で、6月にも祝日作って欲しいです。

6月は国民の祝日が一日もありません。
しかも梅雨の時期です。

ウザイ時期です。

【休み】【くれませんか?】【いたわる】

まあ、山の日が制定されてしまったので、新しい国民の祝日制定にはあと20年くらいは必要かもしれませんね。

20年・・・

私は生きているんでしょうかね^^;

いや、生きる!
死にません!!

ま、期待せずのんびり待つとしましょうか。

 

目次へ戻る

 

■山の日以外の日本の8月11日

LIGHT UP NIPPON
三国花火大会
ガンバレの日

LIGHT UP NIPPONとは、
東日本大震災の被災地(宮城・岩手・福島)で毎年行われる花火大会です。

復興を祈願するイベントでもあります。

三国花火大会は、
福井県坂井市三国町で行われる花火大会です。

ガンバレの日は、
ベルリンオリンピック(1936年)に出場した当時の日本人女子水泳選手(前畑秀子女史)を、NHK河西三省アナウンサーがラジオで実況で「ガンバレ」を連呼して応援したことから。

この熱のこもったラジオ放送は、当時の日本中を沸かせたそうです。

ちなみに、水泳の種目は200m平泳ぎ。

水泳の種目の中では、かなりスローな部類に入るだけに、余計に応援に力が入ったんでしょうね。

 

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

成人の日 2023年は1月9日│成人式に男はスーツか袴か
◆2023年の成人の日は1月9日 成人の日は毎年1月の第2月曜日です。 2023年は1月9日になります。 実は、西暦1999年までは1月15日が成人の日でした。 しかし、2000年からハッピーマンデー制度が実施され、1月の第2月...
春分の日 2023年はいつ?│春分の日の意味と計算式
2023年の春分の日は3月21日 春分の日は日本の祝日で、毎年3月の20日~21日の間のいずれかの日になります。 2023年は3月21日(火)になります。 よって、元々土日が休みな人は月曜日をまたぐので飛び石連休的な形になります。 ...
昭和の日とはどんな日?
◆毎年4月29日は“昭和の日” そう、あのGW(ゴールデンウイーク)の初めの方にある祝日の一つですね♪ 今回は、昭和の日について調べてまとめてみました。 皆様の参考になれば幸いです。 ■昭和の日ってどんな日? 昭和...
憲法記念日【5月3日】│憲法記念日の由来とは?
◆憲法記念日とは? 憲法記念日をわかりやすく言うと、 日本国憲法が始まった日 のことです。 憲法や法律という国のルールは、作られた日から効力があるんじゃなく、ちゃんと法律を施行する日(始める日)を定めます。 「この法律は、●●...
みどりの日とはどんな日?【5月4日】
◆毎年5月4日は“みどりの日” そう、あのGW(ゴールデンウイーク)の最中にある祝日の一つですね♪ 今回は、みどりの日について調べてまとめてみました。 皆様の参考になれば幸いです。 ■みどりの日ってどんな日? みど...
こどもの日【5月5日】意味と由来をわかりやすく解説♪
■こどもの日とは? こどもの日の意味をわかりやすく解説すると、 ズバリ、 子供とお母さんを大事に思う日 です。 こどもの日は、実は言うと子供を祝う国民の祝日だけではなく、その子を産んだお母さんにも感謝する日なんですよね。 ...
海の日 2022年は7月18日│海の日の由来と意味
◆2022年の海の日は7月18日 海の日は毎年7月の第3月曜日です。 よって、今年2022年の海の日は7月18日になります。 元々、海の日は7月20日と日にちが固定されていました。 しかし、2003年から実施された“ハッピーマン...
敬老の日のプレゼントで喜ばれるのはメッセージ♪
敬老の日のプレゼントどうする? 毎年来る敬老の日のプレゼントに頭を悩ませている人もいると思います。 ですが、それほど気にすることはありません。 全ては気持ちの問題だからです。 私が思うに、 おじいさん、おばあさんへのなによりの...
秋分の日 2022年はいつ?│秋分の日の意味と計算式
2022年の秋分の日は9月23日 秋分の日は、毎年9月の22日~24日の間のいずれかの日になります。 2022年は9月23日になります。 (期間は9月23日~10月7日まで) 2003年から実施されているハッピーマンデー制度の影響で...
スポーツの日 (旧・体育の日) 2022年はいつ?何日?
◆2022年のスポーツの日は10月10日 スポーツの日は毎年10月の第2月曜日です。 奇しくも、今年は旧・体育の日と同じく、10月10日となりました。 体育の日の名前は2020年からスポーツの日に変わりました。 実は、1999年...
文化の日 2022年【11月3日】│文化の日の意味と由来
2022年の文化の日は木曜日 文化の日は毎年11月3日です。 2022年では木曜日になります。 残念ながら、土日を含めた三連休にはなりませんね。 でも、水曜日は一週間の中間とも言える日なので、一日だけの休みでも嬉しいモノですよね...
勤労感謝の日 2022【11月23日】│勤労感謝の日の意味と由来
2022年の勤労感謝の日は水曜日 勤労感謝の日は毎年11月23日です。 2022年では水曜日になります。 残念ながら、土日と離れているので3連休になりません。 (月曜日に仕事や学校を休めば、土日が休みな人は4連休になりますが…。) ...
天皇誕生日【祝日】令和・平成・昭和・大正 歴代天皇誕生日
令和の天皇誕生日は2月23日 令和の天皇誕生日は毎年2月23日です。 今上(徳仁)天皇↓ 先代の天皇は生前退位されたため、現在は上皇となられました。 上皇明仁↓ 平成では、クリスマス前にポツリとあった祝日でしたが、令和にな...
即位の日│即位の礼が行われる日(2019年5月1日)
◆即位の日とは? 即位の日とは、皇位継承者が天皇として即位する儀式、いわゆる即位の礼※が行われる日を記念日として特別に国民の祝日にした日のことです。 (※剣璽等承継の儀・即位後朝見の儀・即位礼正殿の儀・祝賀御列の儀・饗宴の儀の5つの...