2020年のスーパームーンは4月8日(日本)

2020年のスーパームーンは4月8日です。

満月

スーパームーンは、
月が最も地球に近づいた時に
満月(または新月)になる現象です。

ほぼ毎年起こります。

2020年のスーパームーン
4月8日になります。(日本の場合)

時間的には、午前の11時36分頃にスーパームーンになります。

お昼前の時間帯なので、快晴でも太陽が明るすぎて見えない可能性が大ですね。

しかしながら、時差や緯度などの関係で、数時間は日本各地でスーパームーンの状態になっています。

なので、日中でも月を観測できる手段があるなら見ることは可能です。


スポンサーリンク

■スーパームーンとは何?

初めてスーパームーンと聞いたとき、
何かのアニメやフィクション作品のタイトルかと思いました。

しかし実際には全然違っていました。

満月

スーパームーンとは一体なんなのか?

記事の冒頭でも
ちょっと書きましたが、

月が地球に最接近した状態で
満月または新月になる現象

です。

満月なら肉眼でハッキリと見えます。

周囲の明るさや天候にもよると思いますが、
目の良い人だと、かなりハッキリと
月の表面が見えるそうです。

しかし、一つ疑問が。

スーパームーンの定義には
満月の他に新月も含まれています。

新月とは、月が反射した太陽光が
ほとんど地球にとどかない状態。

つまり、地上からは視えないということです。

地上から見えないのにスーパームーンというのは
ちょっとおかしな気がする・・・。

そう思いませんか?

では、なぜ、

新月もスーパームーンと呼ぶのか?

それには明確な理由があります。

実は、月の公転(地球の周りグルッと周ること)の
軌道は楕円形なのです。

つまり、月と地球との距離は一定じゃないということ。

言い換えれば、
月が地球に接近する機会が、
1周ごとに最低でも2回あるということ。

地球の自転と公転軌道の関係上、3回以上来る場合もある

なので、そのうちの1回が新月になることもあるのです。

新月だと、肉眼で見ることができませんが、

見えようが見えまいが、
月が地球に最接近していることには変わりない

ということ。

それ故に、新月もスーパームーンとして
定義されているというワケですね。

ちなみに、
スーパームーンのさらに上をいく、

“エクストリーム・スーパームーン”

が存在します。

それについては下記をご覧ください。

目次に戻る

■エクストリーム・スーパームーン

エクストリーム・スーパームーンは、
月の公転上最も地球に近づいた際に
満月になる現象を指します。

その周期は、18~19年に一度

地球に約30万km程度の距離まで近づきます。

通常のスーパームーンでは
35万km以上の距離です。

その差は5万km。
地球一周よりも長い距離です。

その分、地球に近づいているワケですね。

当然、エクストリーム・スーパームーンは
スーパームーンよりも大きく見えます。

地上から肉眼で見ると、
そんなに差は無いように見えるそうです。

しかし、実際に写真を撮って比較してみると、
その差はハッキリと判るそうですよ。

最近では、2011年の3月20日に
観測されたスーパームーンが、
エクストリーム・スーパームーンだったそうですね。

でもなぜ、
同じスーパームーンでも
距離に差が出るのか・・・?

それは、前項でも書きましたが、
月の公転の周回軌道は楕円を描いているからです。

なので、“月が地球に最接近する”といっても、
年によって距離が違うのです。

それに、最接近したとしても、
満月新月でなければスーパームーンとは呼びません。

まあ、最接近といっても、
30万km以上の距離。

2013年の場合は、
地球から約35万7000kmもの距離があったそうです。

つまり、普段の月と地球の距離は、
それ以上に遠い距離ということです。

当たり前ですが、

月がぶつかってくる?!

というようなことは、
余程のことがない限りありえません。

つまり、心配は一切ありません。(笑)

目次に戻る

■近年のスーパームーン

近年に起こったスーパームーンの
日にちは以下のとおり。

  • 2008年12月13日
  • 2010年1月30日
  • 2011年3月20日
  • 2012年5月6日
  • 2013年6月23日
  • 2014年8月11日(7月12日 9月9日)
  • 2015年9月28日
  • 2016年11月14日
  • 2017年 なし
  • 2018年1月2日
  • 2019年2月20日

※観測した国によっては日付に違いあり

こうして記載してみると、
確かに、ほぼ毎年起こっているようですね。

2017年が無いのは、2016年が11月なので、数十日の誤差のせいで2018年の頭にずれ込んだせいです。

ちなみに、2014年のスーパームーンは、
日本では三度見ることができました。

7月12日 20時26分ごろ
8月11日 午前3時10分ごろ
9月9日 午前10時39分ごろ

8月11日のスーパームーンが
最大の大きさと明るさだったとのこと。

USAのNASA(航空宇宙局)によると、
通常の満月よりも14%も大きく、
明るさも約30%増しで見えたそうです。

目次に戻る

■これからのスーパームーンの日

スーパームーンは、
大体1年と40数日~50日前後で巡って来ます。

ですので、
未来のスーパームーンの日を
大体予測できるわけですね。

近年および、これからのスーパームーンの日は以下のとおりです。

2017年 → 来ません
2018年 → 1月2日
2019年 → 2月20日
2020年 → 4月8日
※昼間なので見え難い可能性大

2021年 → 5月26日
2022年 → 7月14日
2023年 → 8月31日
※朝なので見え難い可能性大

2024年 → 10月17日
2025年 → 12月5日
※昼間なので見え難い可能性大

2026年 → 来ません

2027年 → 1月22日
2028年 → 3月11日
※朝なので見え難い可能性大

2029年 → 4月28日
2030年 → 6月16日
2031年 → 8月3日
※昼間なので見え難い可能性大

2032年 → 9月19日
2033年 → 11月7日
2034年 → 12月25日
2035年 → 来ません
2036年 → 1月13日
2037年 → 3月2日
※昼間なので見え難い可能性大

2038年 → 3月21日 or 4月19日
※昼間なので見え難い可能性大
2039年 → 6月7日
2040年 → 7月24日
※昼間なので見え難い可能性大

大体、こんなところですね。

新月のスーパームーンに関しては
肉眼では見れないので、日時は記載していません

別記事でも少し書きましたが、
2017年にスーパームーンが来なかったのは、
数十日の誤差のせいで、2018年の1月2日にずれ込んだためです。

アメリカでは、2018年の元旦1月1日の夜にスーパームーンが見られました

時差のせいで、
丁度元旦の夜に見られたのです。

現地では新年とスーパームーン現象で
大いに盛り上がったそうですね。

目次に戻る

■満月にまつわるオカルト・都市伝説など

そういえば、
「満月の夜に犯罪が増える」
などといった話を聞くことがあります。

ファンタジー映画や小説などに登場する狼男の設定に、
“満月を見たら変身する”
なんていうのがありましたね。

その設定のように、
満月になると血が騒ぐ人がいるんでしょうかね?

じゃあ、スーパームーンの日は
世界で犯罪発生率がいつもよりも多かったのか・・・?

興味深い話ではありますね。

また、満月時のスーパームーンと
地震との因果関係などが色々と語られていますが、
実際のところどうなんでしょうね。

潮の満ち引きに月の引力が関係しているなら、
海と隣接している陸の浅い部分にも
影響があるのかもしれません。

そう考えると、
引力の影響が大きくなる
スーパームーンで地震が起きやすくなる・・・。

そんな影響があると言えなくはないの
かもしれませんね。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

■関連項目

満月

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする