【お正月】しめ飾りや門松はいつまで飾ればいいの?

しめ飾りや門松は、年末年始、
特にお正月に飾られる冬の風物詩ですね。

近所を歩いていて、
しめ飾りや門松を見かけると、

「新年が来たんだなぁ」

と改めて思います。

でも、そこでひとつ疑問!

しめ飾り門松は、いつまでかざっておけばいいの?

そう思うあなたのために、
今回調べておきました。(笑)

しめ飾り門松を飾る期間は、

  • 12月25日1月7日

の間です。

神棚に飾るしめ縄も同じです。

ただし、注意事項があります!

12月29日31日飾ってはダメ!!

ということです。

理由は、日本特有の語呂合わせと神様への畏敬の念から来ています。

  • 29日=「二重苦」「が待つ(末)」
  • 31日=「一夜飾り」で神様に失礼

以上の理由で、12月29日と12月31日ダメなのです。

験を担ぐというかなんというか・・・
いかにも日本らしい風習ですね。

ちなみに、28日までに飾れなかった家では、30日に飾ると良いとされています。

ちゃんと抜け道が用意されているところに、昔の人のしたたかさを感じますね。(笑)

近年は、クリスマスツリーなどの飾りがあるので、12月25日からではなく、26日または27日から1月7日まで飾る家が増えているようですね。
(クリスマスの飾りについて、日本の神様はどう思っているのか訊きたいところですが。w)

また、地域によっては、
小正月の1月15日まで飾るところがあります。

そのあたりは、ご自分が住んでいる地域での期間に合わせればいいでしょう。

■なぜ1月7日まで飾るのか?

1月7日まで飾ればいいことはわかりましたね。

でも、なぜ1月7日まで飾るのか?

疑問に思いませんか?

理由は以下のとおりです。

昔は松の内といって、
小正月の1月15日まで、しめ飾りや門松を飾るのが当たり前でした。

また、昔の鏡開きは1月20日に行われていたのです。
(鏡開きの詳細についてはこちら)

しかし、徳川家光が死去した日が4月20日だったため、毎月20日は忌日とされました。

その理由で、鏡開きの日を1月11日まで前倒しにしたのです。

そのため、松の内の期間が鏡開きの日よりも4日ほど後まで来てしまうことになり、

「鏡開きが1月11日に行われるのに、1月15日まで飾るのはおかしい。」

という考え方が広まっていきました。

そこで、正月の祝い事でもある、七草粥を食べる日の1月7日の人日(じんじつ)まで、松の内の期間を前倒しにして調整したわけです。

そのため、それに合わせて、1月7日にしめ飾りやしめ縄などの正月飾りを外してしまう家が増えてきたということなんですね。

以上が1月7日までしめ飾りや門松を飾る理由です。

はるか昔の、鏡開きの日の変更の影響だったんですね。

なるほど、納得です!

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

しめ飾りの飾る場所と飾る理由

門松はひとつでもいいの?