鏡開きとは?│鏡餅を使う鏡開きや鏡割りの意味と由来

◆鏡開きって何?

鏡開きには、

  • 1月11日に鏡餅(かがみもち)を食べること
  • 酒樽の蓋を小槌で割って開けること

の2つの意味があります。

どちらも、古来から伝わっている
日本の伝統行事の一つですね。

今回は、2つの鏡開きについて、
鏡餅、鏡割りという関連用語も併せて
チェックしてまとめてみました。

皆様の参考になれば幸いです。

 

■鏡餅を食べる方の鏡開き

鏡餅

元々は、鏡開きは江戸時代に入ってから
行われるようになった習慣です。

捧げたモノには「神や仏の加護がある」とされ、
それらを食べるのは縁起がよいとされてきたのです。

そうすることで、

  • 皆が健康幸福に生きられるよう
    神や仏に感謝する

ワケですね。

で、1月11日に食べる理由は、

1月20日から1月11日へ
変更となったから

です。

何故、変更になったのか?

実は、家光公が亡くなられた次の年の
小正月は丁度1月20日でした。

なので、家光公の命日である
4月20日の“20”と重なるため、

「1月20日忌日(きじつ)で縁起が悪い

とされ、松の内(門松がある期間)の後の
1月11日へと変更となったのです。

当時の1月11日は旧暦だったのですが、
西暦に代わった今でも、
1月11日に鏡開きが行われるのが一般的です。
※地方によって違うこともある

 

余談ですが、鏡餅はカチカチに固いので、
そのまま食べることはしません。

なので、包丁や木槌などを使って
切ったり砕いたりして小さくします。

そのうえで、雑煮にしたり、
汁粉(しるこ)
善哉(ぜんざい)
にして食べるのです。

しるこやぜんざいといった
食事が生まれたのは、ひとえに

  • 鏡餅が固かったから

と言えるでしょうね。(笑)

 

目次へ戻る

 

■酒樽の蓋を割って開ける方の鏡開き

こちらの鏡開きは、
結婚式祝勝会などで行われる
縁起モノの演出
ですね。

鏡開きは、古来は戦(いくさ)に出陣する前に
行う必勝祈願の儀式でした。

酒樽の丸さと上蓋を神鏡の形に見立て、
酒樽を前に舞いを行い、
その後に上蓋を割って日本酒を飲んだそうです。

つまり、こちらの鏡開きは、
軍事的な意味合いを持つ慶事だったんですね。

それが風習として人々に定着し、
現代にまで残っているというワケです。

 

ちなみに、結婚披露宴で行われる鏡開きは、
結婚する二人の新たな門出を祝うもの。

  • 健康
  • 幸福
  • 両家の繁栄

の3つを願う意味があります。

もちろん、鏡開きされた日本酒は、
披露宴で出席者に振舞われます。

縁起物のお酒なんで、
皆にも重宝がられるというワケですね。

 

目次へ戻る

 

■“鏡割り”という言葉の由来

前述のとおり、武家社会では、
鏡台にお餅を備えるという習慣がありました。

そのお餅を手や小槌で割って食べたことから、
鏡割り”という言葉が生まれたのです。

また、昔の鏡は丸いものが多く、
円満”を意味しました。

なので、鏡台に備えたお餅を食べることは、
縁起が良いことと考えられていたのです。

しかし、お供え物として飾られたお餅は、
時間の経過の所為でカチカチに固まっている
ことがほとんど。

なので、食べる際には、
小槌などで叩いて割るしかなかった
のでしょうね。

しかし、鏡割りという言葉は、
次第に鏡開きという言葉に
置き換えられるようになります。

その理由については、
次の項目で詳しく解説します。

 

目次へ戻る

 

■なぜ鏡“開き”と言うのか?

鏡餅を食べるにしろ、
酒樽の蓋を開けるにしろ、

結果として、餅や蓋を“割り”ますよね。

なのに、

なぜ鏡“開き”と言うのか?

その理由はズバリ、

  • 縁起が良い

からです。

昔の日本、特に武家社会では、
験を担ぐことが習慣になっていました。

開く”は末広がりを意味し、
子孫繁栄、一族繁栄などをイメージさせる
縁起のよい言葉

また、昔の鏡は丸いものが多く、
円満”を意味したことも事実です。

逆に、“割る”という言葉は、
切腹家の分裂などをイメージさせるため、

縁起が悪い言葉
でした。

そこで、縁起の良い方の開くという言葉が
代わりに使われるようになったのです。

以上のことから、
鏡開き”という言葉が生まれたんですね。

 

目次へ戻る

 

■なぜ“鏡”という文字がつくのか?

鏡開き”や“鏡餅”という言葉の前には
必ず“鏡”という文字が使われていますよね?

なぜ、“鏡”という文字がつくのか?

それは、

武家の女性が使った鏡に由来している

そうです。

昔の武家社会では、
鏡台にお餅を供える風習があったのです。

その風習のはじまりは、
室町時代に遡ると言われています。

  • 鏡台に供えられただから“鏡餅
  • 鏡餅開く(割る)から“鏡開き

なるほど、納得ですね。

 

目次へ戻る

 

■まとめ

  • 鏡開きとは
     鏡餅を割って食べる(1月11日に)
     酒樽の蓋を割って開ける
    の2つの意味がある
  • 鏡餅を食べる方の鏡開き
    健康幸福神や仏に感謝するため
  • 酒樽の蓋を割る方の鏡開き
    験を担いだ縁起モノの演出
  • どちらの鏡開きも
    人の幸福を願ったイベント
  • という文字が付く理由は
    武家社会で鏡台お餅を供える
    風習から来ている

 

以上、こんなところですね。

ご家庭やイベントなどで行われている“鏡開き”。

その意味や由来を調べてみると、
なかなか奥が深くて面白いものですね。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

【お正月】しめ飾りや門松はいつまで飾ればいいの?