門松(かどまつ)はひとつでもいいの?

年末年始になると、
門松が飾られているのをよく見かけますよね。

しかし、門松を2つ飾っているところもあれば、門松を1つしか飾っていないところもあります。

そこで疑問!

門松はひとつでもいいの?

あなたもそう思いませんか?

結論から言うと、

門松は一つでもOKです!!

決して、2つ必要なワケではないのです。

実は門松は、元々は庭先などに一つ飾るのが普通でした。

しかし、神社などの神様を祀る場所では、左右二対にそれぞれ門松を飾っていました

その理由は、左右対称の守り神などを祀っていたからです。

狛犬が左右に2体いるのも似たような理由です。

そのため、左右二対で門松を飾る慣習が、一般家庭にも広まったというワケですね。

なので、門松を1つしか飾らない家もあれば、左右二対で2つ飾る家もあるというワケです。

まあ、実際問題として、

門松は高い!

というのもあります。

なので、1つで済むなら、それに越したことはないワケで・・・。(苦笑)

それに、お宅によっては、

物理的に2つ飾るスペースが玄関付近に無い!

ということもあります。

例えば、一般的なマンションやアパートでは、門松を飾るようなスペースがほとんどありませんしね。

というワケで、門松1つでも良いのです。

2つじゃなくてもいいのです。

これから準備する方にとっては、
経済的にも物理的にも朗報だったんじゃないでしょうか。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

しめ飾りの飾る場所と飾る理由

【お正月】しめ飾りや門松はいつまで飾ればいいの?