お風呂の日【2月6日】お風呂でゆっくり温まりましょう♪

◆2月6日は「お風呂の日」

■お風呂の日ってどんな日?

お風呂の日は、日本独自のお風呂文化の魅力を再確認して、さらに広めていこうという日です。

2月6日は、日本ではまだまだ寒い時期です。🥶

なので、普段、シャワーで済ませる人も風呂に入って、身も心も温まってリラクゼーションを楽しみましょうという日なのです♪

■提唱・制定者は?

お風呂の日の制定者は「一般社団法人HOT JAPAN」さんです。

お風呂文化を世界に広め、ユネスコ無形文化遺産に登録されるよう、積極的に活動しています。

■日付の理由は?

日付が2月6日の理由は語呂合わせです。

2月の2=“ふ” 6日の6=“ろ” で風呂と読めるため。

余談ですが、毎月26日を「風呂の日」の記念日としているケースもあります。
(日付の理由も同じです。)
制定者は「東京ガス」さんだそうですが、東京ガスさんは、それに関する言及を表立ってしていないようです。
(公式サイト上で発表・記述等をしていません。)

■日本記念日協会に登録されているの?

お風呂の日は、日本記念日協会に認定・登録されています。

登録年は2016年ですが、月日は不明です。

毎月26日の風呂の日は、日本記念日協会に認定・登録されていません。


 

こんなところですね。

風呂の湯船に浸かっている時間は、大体15分~20分くらいが健康に良いそうです。

あまり長時間浸かっていると、身体の油分(バリア機能)がお湯に溶けだしてしまい、肌が乾燥しやすくなるそうです。

肌が乾燥すると、肌荒れやかゆみの原因になるみたいですね。

冬は寒いので、なるべく長時間入っていたいという人が多いそうですが、40℃の湯温で20分くらい浸かっていれば、十分身体は温まります。

あと、熱いお湯も厳禁です。

42℃以上の熱いお湯に入ると、自律神経がショック状態になり、高血圧を誘発して「ヒートショック」を引き起こすことがあるそうです。

ヒートショックになると、失神、心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす危険性があります。

なので、熱いお湯と長湯は健康のためには禁物です。

「40℃くらいの湯温で15分~20分くらい浸かる」のがベストと覚えておきましょう。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

よい風呂の日【4月26日】親子でコミュニケーション
◆4月26日は「よい風呂の日」 ■よい風呂の日ってどんな日? よい風呂の日とは、親子で一緒に入浴することで、家族のコミュニケーションを深めるという記念日です。 よい風呂=426、すなわち、4月26日という語呂合わせから記念日が制定...
露天風呂の日【6月26日】
◆6月26日は「露天風呂の日」 ■露天風呂の日ってどんな日? 露天風呂の日とは、6.23で「ろてんぶろ」と読める語呂合わせから作られた6月23日の記念日です。 露天風呂の魅力を伝え広めるのと、露天風呂の発祥の地の湯原をPRするため...
サウナの日【3月7日】みんなで「ととのい」ましょう(笑)
◆3月7日は「サウナの日」 ■サウナの日ってどんな日? サウナの日は、疲れている人たちにサウナで健康な生活を送ってもらうための日です。 サウナは、もともとはフィンランドの蒸し風呂の文化が世界に広がり、日本にやってきたものです。 ...
日本の記念日一覧(1月1日~12月31日)
日本の記念日の一覧です。 1月1日から12月31日までの暦の順番です。 ただし、日にちが変動する二十四節気や雑節そのもの(立春、入梅など)は割愛しています。 空欄の日は、判明次第、追加していきます。 ■1月の記念日 1...