重陽(ちょうよう)の節句(9月9日)の起源(由来)

重陽の節句の起源(由来)は、
中国の陰陽説から来ています。

中国に伝わる陰陽説には、
陽数(奇数)と陰数(偶数)があります。

陽数は縁起が良く、
逆に陰数はあまり縁起が良くない数と
いわれています。

少し話はズレますが、
漢字の画数にも陽数と陰数が関係しており、
姓名判断では総画数が陰数だと良くないそうです。
(悪くない場合もあるそうですがw)

話を戻しまして・・・。

数は0から9までの数字で表記されています。

そのうち、9という数字は最も高い奇数です。

  • 奇数陽数

すなわち、9の陽数が重なる日、
9月9日は非常にめでたい日ということなのです。

  • 陽数が重なる日=重陽

というワケですね。

9が重なる日なので、
別名、”重九(ちょうきゅう)“とも言います。

古代中国では、そんなめでたい9月9日を祝い、
丁度この時期に咲く菊の花を酒に浮かべた菊酒を飲みました。

菊酒を飲むことによって、
不老長寿と厄払いを願ったそうです。

確かに、お刺身などに添えられている菊の花には、
殺菌効果があることが現代では証明されています。

なので、菊の花を酒に入れることで、
食中毒の予防になっていたとも言えなくないですね。

そんな古代中国の習慣が日本に伝わり、
朝廷の祝い事や武士の祝日となりました。

そして、現代の重陽の節句として、
今日に至るのです。

以上が重陽の節句の起源(由来)です。

まあ、今日に至るといっても、
知名度は極めて低い節句ですが。(苦笑)

それに、菊の花を酒に浮かべて飲む習慣は、
既に廃れてしまってありません。

廃れてしまった最大の理由は、

  • 旧暦から新暦に変わったことで、
    菊の花が咲く時期とズレてしまった

ことにあります。

時期がズレてしまうと、
当然、菊の花が手に入りません。

咲いてないんですから。

しかも、菊の花は昔は高価だったため、
一般庶民が手に入れるのは経済的に厳しかったのもあります。

そんなワケで、菊酒を飲むことができなくなったため、
重陽の節句という名前のみが現代に残っているのです。

しかしながら、重陽の節句が
完全に廃れたワケではありません。

一部の地域では、
9月9日に栗ご飯を食べる
習慣があります。

旧暦の9月9日は、新暦で言うと10月です。

10月は丁度、栗が収穫できる時期なので、
飲めない菊酒の代わりに、
栗ご飯を食べて無病息災を願ったのです。

その習慣が現代にまで残ったというワケですね。

「時期外れの高価な菊の花よりも、
時期中に安価で大量に獲れる栗を使った方が、
お祝いしやすい!」

という極めて現実的な理由から、
栗ご飯を食べる習慣が生まれたんですね。

9月9日に限らず、
秋には栗ご飯を食べる家庭が多いと思います。

栗ご飯を食べる際には、
重陽の節句について思い出してほしいですね。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

■関連項目

七夕(たなばた)

端午の節句

桃の節句

五節句

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする