スイートピーの日【1月21日】春の花を楽しみましょう♪

◆1月21日はスイートピーの日

■スイートピーの日ってどんな日?

「春の花」の代表格のスイートピーを鑑賞したりプレゼントしたりして楽しむ日です。

スイートピーを、より多くの人に楽しんでもらうのが目的で制定されたそうです。

スイートピーは、見た目も色も柔らかくて優しい感じがする花なので、女性に大人気の花だそうです。

個人的には、松田聖子さんの名曲「赤いスイートピー」をイメージします。

■提唱・制定者は?

スイートピーの日の制定者は、「日本スイートピーの会」さんです。

同会は、2016年(平成28年)に、愛知県、岡山県、大分県、宮崎県のスイートピー生産者で立ち上げた会で、2018年(平成30年)からは、神奈川、和歌山、佐賀、栃木、広島県の生産者も参加。

現在では全国規模の会になったそうです。

2022年現在、公式サイトは無いようです。

■日付の理由は?

記念日の日付が1月21日の理由は以下のとおりです。

  • 花弁がそれぞれ1枚、2枚、1枚で構成されている。
    (左右対称で、旗弁、翼弁、舟弁の3種類の花びらで構成。)
  • 丁度、1月21日頃がスイートピーの旬の時期
  • 名曲「赤いスイートピー」のリリース日が1982年(昭和57年)1月21日

■日本記念日協会に登録されているの?

スイートピーの日は、日本記念日協会に認定・登録されています。

登録年は2017年(平成29年)ですが、正確な登録月日は不明です。

■スイートピーの花言葉

スイートピーの花言葉は以下のとおりです。

  • やさしい思い出
  • つかの間の喜び
  • デリケートな喜び
  • 門出(離別)
  • 繊細
  • わずかな楽しみ
  • 永遠の喜び

■赤いスイートピーは当時は流通していなかった

松田聖子さんの名曲「赤いスイートピー」がリリースされた頃、市場には赤いスイートピーは出回っていませんでした。

赤いスイートピー自体は1800年代から海外に存在していましたが、生産花としては安定して出せる色ではなかったので、当時に流通していなかったのは仕方のないことだったのです。

しかしながら、名曲の影響で「赤いスイートピー」の需要が高まり、生産者が品種改良を何度も行い、ようやく赤いスイートピーを生産できるようになったそうです。

ちなみに、似たようなエピソードで、布施明さんの名曲「シクラメンのかほり」があります。
(赤いスイートピーのエピソードよりも数年前の話です。)

この歌の歌詞に、白いシクラメン(真綿色)の記述があるのですが、この曲がヒットした影響で「白いシクラメン」の需要が高まったため、品種改良で白いシクラメンが誕生したそうです。

いつの時代も、音楽の力は偉大ですね♪

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

日本の記念日一覧(1月1日~12月31日)
日本の記念日の一覧です。 1月1日から12月31日までの暦の順番です。 ただし、日にちが変動する二十四節気そのもの(立春など)は割愛しています。 空欄の日は、判明次第、追加していきます。 ■1月の記念日 1月1日 ...