RSウイルス感染症の症状と乳児や大人への治療方法

◆RSウイルス感染症とは?

RSウイルス感染症とは文字通り、

呼吸器系の器官(気管支、肺など)
RSウイルスが感染すること

です。

気管支炎肺炎の原因の一つになっている、
恐ろしいウイルス感染症なのです。

RSウイルス(respiratory syncytial virus)
rsウイルス

RSウイルスは、主に11月~1月
つまり晩秋~冬にかけて蔓延します。

その感染力非常に高く
2歳までの乳児の体内に入り込んだら、
100%感染します。

故に、乳児がかかる代表的な感染症
ひとつになっています。

今回は、そんな恐ろしいRSウイルス感染症の
主な症状、治療方法や感染経路などの情報を
わかりやすくまとめてみました。

皆様の参考になれば幸いです。

 


■RSウイルスの症状

母と娘-女の子-病気

その症状は風邪の症状によく似ています。

  • 発熱
  • 鼻水

などのが出ます。

RSウイルスに感染しても、
大抵は1週間前後で回復してしまうので、
風邪だと勘違いしたままの人も多いのです。

しかし酷くなると、細気管支炎を発症し、
「ぜーぜー」や「ひゅーひゅー」
といった、喘息に似た症状まで出てくるようになります。

そうなった場合は、
風邪ではなくRSウイルス感染症を
疑ったほうがよいでしょう。

まあ、RSウイルス感染症なのかどうかは、
病院で検査しないとわかりません

検査については、
インフルエンザと同じ方法で行われますので、
病院の込み具合にもよりますが、
30分前後で結果が出ます。

とにかく、

  • 乳児はRS感染症が重症化しやすい

ので、風邪の症状が出たら、
すぐに病院で診てもらうのが一番です。

病院イラスト

もしも重症化してしまうと、

  • 肺炎
  • 慢性気管支炎

という重病になってしまう可能性もあります。

とにかく、症状が出たら病院へ行くことが大事です。

 

目次へ戻る

 

■乳児や大人への治療方法

医者・医師

治療方法は、乳児・大人に限らず同じで、

  • 対症療法
  • パリビズマブの投与

の、どちらかになります。

大抵の場合は、
各症状に対する対症療法になります。

熱には解熱剤、咳には咳止めなどを
処方します。

RSウイルスの撃退は、
身体の持つ治癒力に任せるワケですね。

そう聞くと、

「自宅でかぜ薬を飲んでいたら、
治ってしまった。」

というケースがあるのも、
まあ、うなづけますね。(苦笑)

一方で、「パリビズマブ」とは、
抗ウイルス薬の一つで、
RSウイルスの撃退に効果があります。

通常では使いませんが、
入院が必要なほど患者の症状が酷い場合に
投与されるそうです。

つまり、余程のことがない限り、
パリビズマブ」は使用されません。

 

余談ですが、
RSウイルスには抗生物質が効きません

抗生物質は、対病原菌用の薬であって、
ウイルスには無効です。

よって、対症療法で対応するか、
パリビズマブを投与するしかないのです。

 

目次へ戻る

 

■RSウイルスの感染経路

ウイルス-ウィルス-細菌

RSウイルスは人間だけでなく、
チンパンジーや牛、ヤギなどの家畜も感染します。

主な感染経路は、

  • 接触感染
  • 飛沫感染

の二つです。

接触感染の場合は、感染者の唾や痰、
鼻水(またはそれらが付着した玩具など)に
触れた手で自身の粘膜を触ったりすることで感染します。

飛沫感染の場合、
咳やくしゃみで放出されたRSウイルスを
吸い込んだりすることで感染します。

つまり、触れても触れなくても、

  • ものすごく感染しやすい

ということです。

ただし、感染してすぐに発症するワケではありません。

潜伏期間が2日~8日と幅があるので、
感染原因を特定しにくいという面もあります。

ちなみに、乳児だけでなく、
免疫力が低下した老人も発症することがあります。

乳児は免疫力が低いので、
RSウイルスに感染しやすいというのも
うなずけますね。

 

目次へ戻る

 

■RSウイルスの予防方法

女性-マスク-手

予防法は実は非常に単純です。

  • 患者に近づかない
  • マスクをつける
  • うがいをする
  • 手を洗う

風邪やインフルエンザを予防するのと
ほぼ同じ方法で予防できます。

ただし、感染力が強いのは確かです。

なので、乳幼児が普段使う、
おもちゃ哺乳瓶などもちゃんと洗浄
しておきましょう。

また、RSウイルスは、
イソジンやミルトンなどに含まれる
消毒成分や消毒用アルコールなどに弱いので、
それらを使用して予防することもできます。

 

目次へ戻る

 

■まとめ

  • RSウイルス感染症
    呼吸器系の病気
  • 11月~1月にかけて流行する
  • 免疫力が低い乳児老人がかかりやすい
  • 症状発熱鼻水
    風邪に似ている
  • 重症化すると
    気管支炎肺炎の原因になる
  • 主な治療方法は
    対症療法

     パリビズマブの投与
    (※抗ウイルス剤の一種)
  • RSウイルス感染力が強い
  • 感染経路飛沫感染接触感染の両方
  • RSウイルス潜伏期間2~8日
  • RSウイルス感染症の主な予防方法は
     患者近づかない
     マスク着用
     うがい
     手を洗う
     アルコール消毒
    などがある

以上、こんなところですね。

RSウイルスは感染力が強くて
蔓延しやすいウイルスです。

しかしながら、

  • 患者近づかない
  • マスク、手洗い、うがいをする
  • 普段から清潔にする

これら3点に気をつけていれば、
予防は十分可能です。

特に乳幼児がいるご家庭の人は
清潔を心掛けるべきですね。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る