ジカ熱の症状と小頭症の関連性

ジカ熱とは?

ジカ熱を簡単に言うと、

ジカウイルスに感染することで発症するウイルス性の感染症

のことです。

ジカウイルス↓
ジカウイルス-ジカ熱

このウイルスは、1947年にウガンダのジカ森林で発見されたのが最初。

このウイルスに感染したネッタイシマ蚊に刺されることで人間も感染し、ジカ熱を発症します。

蚊に刺されて感染する
という点ではデング熱と同じですね。

ジカ熱の症状自体は大したことないのです。

しかし、妊婦が感染すると、

恐るべき影響
生まれてくる子供に現れる

とされ、世界中から危険視されています。

今回は、そんな驚異のジカ熱についてわかりやすくまとめてみました。

皆様の参考になれば幸いです。

 

■ジカウイルスの感染経路

ウイルス

ジカウイルスの感染経路は、
大きく分けると三つあります。

  • ネッタイシマ蚊に刺される
    (ジカウイルスに感染した蚊)
  • ジカウイルスに感染した人
    血液を輸血する
  • ジカウイルスに感染した人
    濃厚な接触(性交など)をする

感染者のほとんどが、ジカウイルスに感染したネッタイシマ蚊に刺されることで感染、発症しています。

↓ネッタイシマ蚊
ネッタイシマ蚊-虫

また、輸血で感染する人はほとんどいません

何故なら、輸血する前に医療機関側が血液検査を行うからです。

その際にジカ熱に感染していたら、その人の血液は輸血されません。

なので、非常に特殊な状況下で仕方なく輸血を行ったなどの超レアなケースでしかありえません

以上のように、
ネッタイシマ蚊に刺されることで感染する人がほとんどなのです。

しかしながら、

ネッタイシマ蚊に刺されていない人がジカ熱を発症した

という報告例があり、
その患者が、ジカ熱発症前に

ジカ熱流行地域に渡航した人と性交渉を持った

という事実が明らかになったことで、

  • ジカ熱は濃厚な接触感染でも感染することがある

という危険性が指摘されるようになりました。

日本の厚生労働省HPでもジカ熱に対して注意喚起されていますが、濃厚な接触感染による感染については、記事執筆中の現時点(2016/02/04)では書かれていませんでした。

なので、夫婦や恋人の中に、数日中にジカ熱流行地域に渡航した人がいる場合は、接触感染に十分気を付けてください

 

目次へ戻る

 

■ジカ熱の主な症状と潜伏期間

病気-熱-女性

ジカ熱の主な症状は以下のとおり。

  • 頭痛
  • 発熱(軽度)
  • 倦怠感
  • 関節痛
  • 発心

以上のように、症状だけ見ると、

風邪か、体調が悪いだけ

ともとれるような軽度なものが多いですね。

また、

  • 潜伏期間は3~12日

なので、感染しているかどうか発病するまでわからない人がほとんど。

さらに、発病した時に、ジカ熱にかかったかどうかは、血液検査してみないとわからないという特徴もあります。

なので、

感染していることに気づかない

人が非常に多いのが現状です。

気づかないからこそ、
大流行しやすい病気なのです。

 

目次へ戻る

 

■ジカ熱の流行地域

ジカ熱流行マップ(2016年1月)
ジカ熱流行マップ(2016年1月)

ジカ熱の流行地域は、主に赤道周辺の国々

アフリカやインドネシア、中南米を中心に大流行します。
(過去にシンガポールでも発症報告があった。)

特に中南米では、ブラジルコロンビアなどが大きな割合を占めています。

これらの国々に旅行に行った人で、数日以内に発熱などの症状が出た人は、すぐに病院で検査を受けてください

また、これから渡航する予定がある人は、長袖の衣類でカバーしたり、虫よけスプレーで防御したりして、蚊に刺されないように心掛けてください。

 

目次へ戻る

 

■ワクチンや特効薬はあるの?

注射器-器具

ジカ熱が流行しやすい病気といっても、ワクチン特効薬があれば安心ですよね。

でも、残念ながらありません。

ジカウイルスの発見自体は、1947年という昔の話。

ですが、ジカ熱に対するワクチンや特効薬は存在しないのです。

それは何故か?

それはデング熱と同じ理由で、

「顧みられない病気」

だからです。

理由を端的に言うと、病状がそれほどきつくなく、“対症療法を施すか、数日安静にしてれば自然に治ってしまう程度の病気”に対して、

製薬会社がわざわざ大金をかけてワクチンや薬を作らない

というのが理由です。

作ったところで、大きな効果があるワケでなく、見返りも少ないから、ワクチンや特効薬をつくらないのです。

崇高な目的がある製薬会社も、製薬コスト”には目をつぶれないのです。

故に、ジカ熱の治療は対症療法が行われます。

発熱には解熱剤、頭痛には頭痛薬など、各症状に対する治療を施すワケです。

そうすることでも、
数日程度でジカ熱は治ってしまいます。

そんな病気にワクチン要るか?

と問われると、

別に要らないかも・・・

と思ってしまうのも、
まあ、仕方がないことだと思いますね。

 

目次へ戻る

 

■ジカ熱の予防方法

ジカ熱の予防法はただ一つ、

  • 蚊に刺されるな!

以上です。

蚊に刺されない方法はこちら

これだけで、ジカ熱にかかる可能性がほとんど無くなります。

あとは、ジカウイルスに感染した人と性交しなければいいのです。

まあ、それを見極めるのは難しいですが、ジカ熱発症地域に渡航した人とは、3週間くらいは直接関わらないことですね。

 

目次へ戻る

 

■小頭症との関連性

妊婦と赤ちゃん

ジカ熱が流行している地域で、

小頭症にかかった赤ちゃんが数多く生まれている

といった報告があります。

コロンビアで約3700
ブラジルで約4000
(2016/01/30の時点)

妊婦がジカ熱にかかると、赤ちゃんにも感染し、その結果として

赤ちゃんが小頭症になってしまう

というものです。

小頭症とは、文字通り

頭蓋骨の頭部が通常よりもかなり小さい病気

のこと。

小頭症の赤ちゃんは、脳の発育に障害があり、肉体の運動機能にも問題が出るそうです。

妊婦がジカ熱に感染すると、おなかの赤ちゃんが小頭症になるという因果関係について、医学的な根拠は不明です。

現在検証中でわかっていないのです。

あくまでも

そうなんじゃないか?

という疑惑や可能性の段階。

よって、妊婦がジカ熱にかかったからといって、生まれてくる赤ちゃんが小頭症になるとは断言できません

感染者の差別に繋がらないよう、注意して取り扱うべき事項なのです。

 

目次へ戻る

 

■日本への流入の危険性

ネッタイシマ蚊-虫

ジカ熱流行地域から日本へ入国してくる可能性は十分あります。

また、日本からジカ熱流行地へ出かけ、現地で感染したまま帰国してくる可能性も十分あり得ます。

ですので、ジカ熱流行地域にいた人で、発熱などの症状が出た人は、病院で血液検査してもらう方がいいでしょう。

ジカ熱は二次感染しにくい病気ですが、判るに越したことはないからです。

対症療法もやりやすいですしね。

 

なお、日本ではジカ熱は発生しません。

何故なら、ジカ熱を媒介させるネッタイシマ蚊が日本には生息していないからです。

なので、日本がジカ熱の発生地域になることは無いのです。

しかしながら、日本には、血を吸うヒトスジシマカがいます。

このヒトスジシマカがジカ熱感染者を刺してしまった、ヒトスジシマカもジカウイルスに感染します。

その感染したヒトスジシマカが別の人を刺した場合、ジカ熱を発症する可能性があります

そういう間接的な意味では、日本でジカ熱が発生する可能性は極小ですがあるのです。

ですが、ご安心を。

ヒトスジシマカの行動範囲は最大でも100m位なので、人を刺しまくって爆発的にジカ熱を流行させるようなことはあり得ないのです。

それに、秋から冬にかけてヒトスジシマカは寿命と気温低下で死んでしまいます。

よって、ジカウイルスに感染したヒトスジシマカが、そのまま生き延びたり増えたりすることはないのです。

 

目次へ戻る

 

■まとめ

  • ジカ熱の原因はジカウイルス
  • 主な感染経路は 感染した
    ネッタイシマ蚊に刺されること
  • ジカ熱流行地域は赤道近辺の国々
    (ブラジルコロンビアで大流行)
  • ワクチンや特効薬は無い
  • 予防方法は一つ
    蚊に刺されるな!
  • 小頭症の原因になると
    考えられている
  • 日本にはネッタイシマ蚊いないので
    ジカ熱は日本では直接発生しない
    (日本のヒトスジシマカがジカ熱感染者を刺すによる間接的感染は極小ながらありえる)

 

以上、こんなところですね。

要するに、蚊に刺されなければいいのです。

何も恐れることはありません。

夏以外の気温が低い時期は日本では大丈夫ですね。

春・夏・秋に、郊外など、自然あふれる場所へ出かける際には、虫よけスプレーを持参しましょう。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る