夏はプール熱に注意!大人も子供もかかります!!

プール熱ってなに?

プール熱をわかりやすく言うと、

  • 夏にひく“ひどい風邪”のひとつ

です。

夏にプールに入った子供がよくかかるので、
一般的な通称で“プール熱”と呼ばれています。

医学的には、咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)と言い、
アデノウイルス(風邪ウイルスの一種)が原因で引き起こされる感染症です。

アデノウイルス↓

今回は、プール熱について、
「皆様が知りたいんじゃないかな?」
的なことを調べ、わかりやすくまとめてみました。

皆様の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

■【感染経路】どうやって感染するの?

プール熱の原因のアデノウイルスには、
主に以下の感染経路があります。

  • (飛沫感染)
  • くしゃみ(飛沫感染)
  • 感染者に密着する(接触感染)
  • 感染者の糞便(接触感染)
  • タオルの使いまわし(接触感染)

大体、以上の5つが主な感染経路になります。

これらの感染経路から、
目、口、鼻、喉などの粘膜に
アデノウイルスが付着
することで感染します。

風邪やインフルエンザの感染経路と
かなり似ていますね。

プールの水は、塩素などで消毒されているので大丈夫です。

しかし、プール内にいる感染者にじゃれるなどして、
密着状態が続くと感染する恐れがあります。

子供は無邪気なので、
プール内外でじゃれあって遊ぶことも多いはず。

また、プールの水を飲んで咳き込んだり、
鼻がムズムズしてくしゃみしたりする子もいます。

しかも、子供は大人よりも免疫力が低く
ウイルスに対する抵抗力が弱いことがほとんど。

なので、大人が知らないうちに、
自分の子供がアデノウイルスに感染し、
プール熱になってしまうことも多いのです。

そして、意外と多いのが、

  • タオルの使いまわし

です!

自宅では、風呂に入った後にふくバスタオルや、
汗をふいたタオルなどを家族みんなで使っていませんか?

もしそうなら、とても不用心です!

そのタオルを家族で使いまわしていることになるので、
アデノウイルスが家族中に感染する可能性があります。

プールに行ってない赤ちゃんまでもが
プール熱にかかってしまう危険性があるのです!

アデノウイルスは感染力が強いので、
タオルは使いまわさず、別々に人数分用意し、
しっかりと洗濯して清潔にしましょう。

タオルを別々にするだけでも、
感染を防げる確率が随分高くなりますよ!

目次へ戻る

■【潜伏期間】どれくらいで発病するの?

アデノウイルスに感染してからプール熱が発病するまでには、
潜伏期間が4~5日あります。

大体、以下の流れでプール熱が発生します。

  1. 潜伏期間(4~5日前後)
  2. 発症期間(1週間前後)
  3. 症状緩和(2日前後)
  4. 症状停止(14日前後 ウイルスは存在)
  5. 完治(ウイルス消滅)

こんなところですね。

一度発症してしまうと、
10日前後は症状に苦しむことになります。

また、症状が停止しても、
アデノウイルスは体内にしばらく(2週間程度)残っています

なので、外出する際には、ウイルス対策マスクなどで
他の人にうつさないように対策する必要があります

やはり、大事なのは日頃からの予防ですね。

目次へ戻る

■【プール熱の症状】どんな症状が出るの?

プール熱の症状は、主に以下のとおりです。

  1. 高熱(38~40度前後)
  2. 頭痛
  3. 吐き気
  4. 下痢
  5. 眼の腫れ(結膜炎)
  6. 扁桃腺が腫れる
  7. 喉の痛み(咳も出る)

初期症状は1の高熱で、40度くらいの高い熱が出ます。

大体は数字の順番通りに症状が出ますが、
4~7の症状は同時に出ることもあります。

症状や感染力の強さを考えると、
インフルエンザに似ていますね。

プール熱が“のインフルエンザ”と呼ばれるのも
わかる気がします。

目次へ戻る

■【病院】何科で診てもらえばいいの?

プール熱と考えられる場合は、
症状によって、

  • 内科
  • 小児科
  • 耳鼻咽喉科

のいずれかになります。

子供の場合は、まず小児科で診てもらうといいでしょう。

診断の後、適切な処置をしてもらえます。

大人の場合は、大体は内科になります。

症状が軽く、喉の痛みや目の腫れ程度なら、
耳鼻咽喉科で診てもらうといいでしょう。

目次へ戻る

■【治療法】ワクチンや薬はあるの?

プール熱に有効なワクチンや薬はありません

治療法は全て対症療法になります。

対症療法とは、症状に合わせて治療を施すことです。

例えば、熱には解熱剤、下痢には下痢止めなどを
患者に投与します。

不幸中の幸いですが、強い症状が出るものの、
プール熱は時間の経過とともに完治できる病気です。

つまり、自然治癒できるのです。

専用のワクチンが開発されていないのも、
それが理由の一つです。

なので、医者に適切な処置を施してもらえれば、
命に関わるようなことなく完治しますのでご安心を。

目次へ戻る

■【外出禁止】学校への出席停止や出社停止の期間

プール熱には治療がとても大事ですが、
他の人への感染を防ぐことも重要です。

アデノウイルスは感染力が高いので、
学校では、出席停止措置をとることもしばしばあります。

特に、症状が無くなってからの2日間が重要で、
この2日間出席停止になります。

この措置は学校法で定められており、
学校側は当該患者に対して措置を行う義務があります。

冬にインフルエンザが蔓延すると、
学級閉鎖になることがありますよね?

出席停止措置とは、そのような事態にならないように、
感染した子供を登校させないための防御策なのです。

プール熱で学校や園を休む具体的な期間は、

  • プール熱の症状が無くなるまでの10日前後
  • プール熱の症状が無くなってからの2日間

合計で12日前後は学校・幼稚園・保育園を
休まなくてはなりません。

じゃあ、逆に大人の場合はどうなのか?

大人の場合は、
出社停止措置がとられることはありません。

大人の場合、出勤を止めるのに法的な義務は無く、
あくまでも会社と患者本人の判断に委ねられています。

プール熱が、免疫力の低い子供にかかりやすい病気であることと、
大人は子供より免疫力が高いので、症状が弱いという点にあります。

故に、プール熱で会社を休む人は稀で、
出勤を停止させられるほどの事態はないそうです。

実際に、プール熱で会社を休む人は、
ひどい風邪”扱いで、有休を消化する形で
仕方なく休んでいるのが現状のようです。

よって、出社停止の期間はさまざま

症状が緩和したら出社する人がほとんどです。

しかしながら、症状が緩和しただけでは、
アデノウイルスが体内に残っている場合があります。

なので、大人でもウィルス対策マスクをするなどして、
他の人にうつらないように対策する必要があります。

目次へ戻る

■【予防法】プール熱にかからないために気を付けること

プール熱にかからないための予防法は、
実はとても単純です。

  • 外から帰ってきたら手を洗う
  • 外から帰ってきたらうがいをする。
  • プールから出たらシャワーを浴びる
  • 目薬をさす。
  • タオルは別々に準備する
    (使いまわさない)
  • 感染者(発症した人)触らない

手を洗ったり、うがいをしたり、
プールから出た後にシャワーを浴びるのは
ごく当たり前のこと。

プール熱にかからない人は、
そういうことを生活する中で自然に行っているのです。

身体と身体に触れるモノを清潔に保つことで、
プール熱だけでなく様々な感染症を未然に防げるのです。

もちろん、感染者に直接触らないことや、
咳やくしゃみをする人に近づかないことも重要です。

  • 君子危うきに近寄らず

という諺もあるくらいですから。

そして、こんなことは書くべきではないかもしれませんが、
最も効果的な予防法が、

  • 子供(家族)をプールに行かせない
  • 自分もプールに行かない

の二つです。

しかし、これらの方法はとても消極的で、
現実問題として実行が難しいです。

自分がプールに行かないこと自体は可能ですが、
子供には学校での水泳の授業があります

なので、子供にプールに行かせないというのは、
特別な理由がない限り不可能なのです。

目次へ戻る

■まとめ

  • プール熱は子供にかかりやすい病気
  • プール熱大人でもかかることがある
  • プール熱ひどい夏風邪の1種
  • 正式名称は咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)
  • 夏のインフルエンザと呼ばれている
  • 潜伏期間は4~5日
  • 発症すると10前後の間は症状が出る
  • 症状が無くなっても2週間前後ウイルスが残っている
    (感染者はウイルス対策マスクの着用が必要)
  • 症状が無くなってからも2日間出席停止措置がとられる
    (学校法で規定されている)
  • 大人の出社停止に関しては任意
    (判断は会社と本人の間に任される)
  • 病院で診てもらう時は内科小児科耳鼻咽喉科のどれか
    (子供はまず小児科へ)
  • プール熱予防法
     手を洗う
     うがいをする
     目薬をさす
     ・タオルを使いまわさない
     感染者触らない(近寄らない)
  • プールに行かない(行かせない)という方法は非現実的
    (学校でプールの授業があるため)

以上。

目次へ戻る

TOPへ戻る

関連項目

デング熱とは

インフルエンザにかからないための予防法まとめ

マスク選びポイント5

蚊に刺されない方法まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする