蚊が嫌いな人のための蚊に刺されない方法まとめ

夜中にぷーんと五月蝿い音をたて、
まとわりつくように飛んで来る蚊。

ネッタイシマ蚊-虫

庭に出たら、わんさか寄ってきて血を吸おうとする蚊。

ホント、うっとうしいですよね!

しかも、刺されたら痒い!!

デング熱まで感染したら堪らない!

今回は、蚊の大嫌いなあなたのために、蚊に刺されない方法をまとめてみました。

参考までにどうぞ。

 

■虫除け(防虫)スプレーを使う

子供-男の子-虫よけ

昔から使われている方法ですね。

虫除けスプレーを手足などの肌の露出部分に吹きかけます。

そうすると、蚊はもちろんのこと、
ハエやハチ、アブなどの虫も寄ってこなくなります。
(ただし、巣が近くにあるハチは別です。)

虫を寄せ付けない効果は抜群です。

その防虫効果の秘密はディート

塗った濃度にもよりますが、
4~6時間ほども効果が続くことがあるそうです。

ただし、ディートは化学物質であり、吸い込んだりすると身体に悪いので、大量に吹きかけないこと。

また、肌荒れの原因になることがあります。

使用上の注意をよく守って使用しましょうね。

虫除けスプレーの中には、
ディートを含まないものもあります。

こんなのです↓

天然成分だけで作られているという、お肌にとても優しいスプレーだそうです。

なんと、生後6ヶ月以降の赤ちゃんにも使えるというのですから驚きです!

ディートが気になる方は、
こちらのスプレーを使うと良いでしょう♪

ただし、ペットには使えないようです。

 

目次へ戻る

 

■防虫ネットを使う(衣類)

虫が寄ってきても、
物理的に触れられないようにする方法ですね。

具体的には、網戸などに使われている防虫ネット等を加工し、衣服のように人が着たり身につけたりするものです。

多分、もうご存知だとは思いますが、
既にそういう商品が出回ってます。

防虫ネット腕カバーや虫除けメッシュパーカーなど、体の一部分から上半身全部をカバーするものまで、たくさんあります。

こんなのもあります↓

ここまでやれば、かなり安全ですね。

蚊くらいなら全く寄せ付けないでしょう。

下半身は長ズボンと靴下とスニーカーで、しっかりと肌の露出をカバーしましょうね。

 

目次へ戻る

 

■長袖などの厚着をする

怒-男

わざわざ虫除けスプレーや
防虫ネットつきの服を買うのは面倒くさい

そういう人のための方法ですね。

結局、蚊が刺すのは肌の露出部分。

つまり、肌を露出しなければいい!のです。

冬着とまでは言いませんので、
長袖のシャツやパンツを履いて防御しましょう。

フード付きのパーカーなんかがいいと思います。

顔は風邪の時のマスクで覆います。

あったらサングラスやゴーグルも使えば完璧ですね♪

もちろん靴下も忘れずに

蚊は、足の裏や頭髪などの刺すには障害が大きい部分以外の皮膚は全部刺してきます

硬いくるぶしにすら刺してきます!

万全の対策をとりましょう。

ただし、すごく暑いです!!

汗だくだくになること間違いなしです!

ヘタすると、熱中症になるかもしれませんので、短時間で事を済ませましょう。

また、明らかに季節はずれの格好なので、非常に怪しい人物として通報される可能性があります。

自分の家の敷地内だけにしておきましょう。(笑)

 

目次へ戻る

 

■蚊取り線香などを使う(屋内用)

はっきり言って、
書くまでも無いほど当たり前の方法です。

蚊取り線香が煙たいなら、
コンセントタイプの電気蚊取りを使うと便利です。

今では、薬剤が不要の安全な電気蚊取り機が発売されています!

こんなやつです↓

特殊なUVライトを発光して蚊を集めて、
内蔵ファンで吸い込んで撃退するそうです。

  • 薬剤なし
  • 静か
  • 安全

という、三拍子そろった蚊取り機です。

まるで、近未来の映画に出てきそうな、スタイリッシュでカラーリングもカッコ良いデザインです。

一瞬、何の容器か判らないほどですね。

この電気蚊取り機は屋内用なので、
外では効果がありません。
(夜中なら多少は効果ありかもしれませんが…。)

 

目次へ戻る

 

■蚊が出る場所に行かない

スッキリ-女性

これも当たり前の話ですが、
この方法が最も蚊に刺されない方法です。

例えば、某・代々木公園や新宿中央公園など。

緑と水が豊かな場所ですね。

流れの無い水辺や林、森

そういう場所は蚊が大量に発生するので行かないことです。

蚊がいる場所に行かなければ、
まず刺されることもありません。

しかし、自宅でも油断はできません。

植木鉢やバケツに雨水が溜まっているだけで、そこから蚊が発生することもあります。

ベランダや庭に置いといた植木鉢やバケツに水が溜まっていたら、蚊の卵だらけになっている可能性があります。

早めに水を捨ててしまいましょう。

しかし、それでも完全ではありません。

一見蚊がいなさそうな都心部のビル群の中に住んでいる人でも、蚊に刺される時は刺されます。

蚊は、人の後を付けてくることがあるからです。

人のにおい(呼気に含まれる二酸化炭素や、皮膚の雑菌から出るにおい物質)に惹かれてくるワケです。

蚊の居る場所を通った人に蚊がつくとします。

刺されるというより、
衣服にとりついたり周囲を飛び回られる感じですね。

その人が電車やタクシーなどに乗って都心部へ移動します。

そのままタクシーに蚊が残る、
あるいはその人にそのままついていって、
駅やオフィスビルなどの建物に入っていきます。

そうなると、本来蚊がいない都心部に蚊があらわれ、人を刺すことになるワケですね。

こうなってしまっては、
蚊に刺されない方法は、

外に出るな!

ってことになります。(苦笑)

しかし、それはムリな話。

引きこもりや病気や怪我で動けない人、あるいは入院・収監されている人以外は何らかの理由で外出する用事が必ずあります。

それに、自身が外出しなくても、家族が外出して帰宅した時、外から蚊が入ってくる可能性があります。

そうなったら、もう蚊取り線香か電気蚊取りのお世話になるしかありませんね。

自力で蚊を退治できるなら話は別ですが・・・。

両手でパチン!

っとね。

 

目次へ戻る

 

【番外編】みかんの皮の汁を肌に塗る

みかん-ミカン

みかんをむくと、
皮から黄色い汁が出ることがありますよね?

その汁は“柑橘精油”呼ばれていて、
強力な虫除け効果があります。

それを肌に塗るのです。

そうすれば一時的ではありますが
蚊などの虫を寄せ付けることがありません。

もちろん、みかんに限らず、
オレンジやレモン、ポンカンなどの
柑橘系の果物の皮なら何でもOKです。

ただし、柑橘精油は揮発性なので、
短時間しか持ちませんし、
みかんの皮が数多く要るという欠点があります。

よって、あまり実用的ではありませんね。

虫除けスプレーが無いけど、
何とか蚊を寄せ付けたくない場合の
応急処置の一つとして覚えておけば良いと思います。

 

目次へ戻る

 

【参考資料】蚊が原因の病気

ネッタイシマ蚊-虫

蚊に刺されたら、
単に痒くなるだけではありません。

蚊は様々な病原菌やウイルスを保菌していることが多いのです。

蚊が持ってくる大抵の病原菌やウイルスは人に無害か軽微な害なので、刺されても痒かっただけで、病気が発生せず気付かないままで済んでいることがほんとんどです。

人の免疫力さまさまですね♪

しかし安心はできません。

蚊の中にはデング熱などの、ちょっと危険なウィルスや、マラリアといったかなり危険なウィルスを媒介する種類もいるのです。

蚊による感染症の中でも死亡する例があるものは以下のとおりです。

 

デング熱
2014年に再び日本で感染が拡大した熱病ですね。
デングウィルスが原因の病気です。

媒介する蚊は
ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ。

症状は風邪に似ている。
高熱が出るだけで2~3日で治ってしまうことがほとんど。
デング熱と気付かずに、
自然に治ってしまっている人も多いと思います。

ただし、体力が無い老人や
免疫力が低い赤ちゃんや乳児が感染すると危険です。

また、デングウィルスには4種類あって、
一つのデングウィルスに感染している時に
別のタイプのデングウィルスに感染すると、
症状が大幅に悪化し、意識混濁の後に死に至るケースもあります。

現在のところ、
デング熱のワクチンや予防接種はありません。

しかも、開発すらされていません
症状が軽い場合がほとんどだからでしょうか?

ですので、現状の予防策は
蚊に刺されないことだけです。

しかし、対処療法はあります

蚊に刺された後に高熱が出たら、
デング熱かもしれません。

まずは病院へ。

マラリア
非常に恐ろしい病気で、
マラリア原虫と呼ばれる
単細胞生物が病原体です。

デング熱とは比べ物にならないほど
症状が酷く、頭痛・高熱・吐き気などを
長期間引き起こします。

治療が遅れると死に至る可能性が高いので、
病院で抗マラリア剤などを処方してもらいましょう。

マラリア用のワクチン自体は
海外では開発されたようですが、
2014年現在、
まだ販売にまでは至っていないようです。

日本でもマラリアワクチンを開発中だそうです。

 

日本脳炎
日本脳炎ウィルスが原因の病気。

家畜伝染病の一つで、
豚や馬などの家畜が感染するが、
その感染した家畜をコダカアカエイカという
蚊が刺し、ウィルスに感染して媒介する。

そのコダカアカエイカに人が刺されると
日本脳炎を発症する可能性が出てきます。

しかし、発症率が極めて低い

1%弱という低確率なので、
日本脳炎にかかる人はほとんどいないそうです。

それに、日本では日本脳炎の予防接種が
義務付けられているので、
小さい頃にワクチンを受けなかった人以外は
ほとんど大丈夫です。

しかし万が一、
日本脳炎を発症してしまったら
対処療法しかありません。

発症した場合の死亡率は20%程度ですが、
治ったとしても脳に重大な後遺症が残る可能性大です。

ほとんどの人が、まともな人間として
生活できなくなります。

病気を治すというよりも、
発症自体を抑えるという予防の手段しかない
恐ろしい病気ですね。

ウエストナイル熱
日本脳炎の海外バージョン。

蚊だけでなく鳥も媒介宿主になっている。

蚊よりも長距離を飛んでいける鳥が
媒介宿主となっているので、
ウェストナイル熱の分布は、
アフリカ~南ヨーロッパ~西インドなど
広範囲にわたっています。

このウィルスに感染しても
発症率は20%程度と低め。

発症しても高熱や吐き気、
発疹が出来る程度で済むことがほとんど。

ただし、重度発症すると
ウェストナイル脳炎となり、
日本脳炎の様な酷い結末を迎えることになる。

2014年現在、
人間用のワクチンは存在しない

発症したら、治療は対処療法しかない。

ただし、馬用のワクチンは存在するようです。

 

チクングニア熱
デング熱に似たタイプのウィルス性伝染病。
媒介する蚊も、デング熱と同じで
ネッタイシマカとヒトスジシマカ。

40℃以上の高熱が出ることがあるそうです。

特に接が非常に痛むことが特徴だとか。

熱が下がっても、間接が痛いまま
2年程苦しめられるケースもあるそうです。

ワクチンは開発されたようですが、
資金提供が打ち切られたため、
実用化にまで至らなかったとのこと。

しかし、発熱用の対症療法が有効であることと、
この病気による関節痛には、
クロロキン(抗マラリア剤の一種)が効くので
専用のワクチンが無くても何とかなっている模様。

ジカ熱
ネッタイシマ蚊を媒介して、
ジカウイルスが人間に感染することで発症する病気。

詳細はこちら

 

こんなところですね。

蚊から感染する危険な病気について書きました。

しかし、実際に病院に行かないと
どんな病気なのかは素人ではわかりません。

病気にかかってからでは遅いことだってあります。

私達が普段からできることは、
蚊に刺されないようにすることだけです。

前述した方法の中から、
自分の生活に合った方法を選んで実践してみてくださいね。

蚊に刺されなければ、痒くなくて済みますし、蚊が媒介させる恐ろしいウィルス伝染病にもかかることはないのですから。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

ジカ熱

プール熱