サンタクロースの名前の由来って?

クリスマスにプレゼントをくれるサンタクロース。
その名前は、恐らく世界中で最も知られている名前のひとつだと思います。

でも、そのサンタクロースさんの名前の由来ってご存知ですか?

実は、サンタさんの名前は、ある人の名前が変化したものです。

それはズバリ、

聖・ニコラウス

という人の名前です。

↓この人です。

この方は、過去に実在した人物(4世紀頃のトルコ生まれのキリスト教の司教)で、「靴下にクリスマスプレゼントを入れる」という風習の元になったエピソードがあった人物なのです。

(そのエピソードの詳細はこちら)

「でも、聖・ニコラウスさんの名前とサンタクロースの名前って、全然発音が違うじゃん!」

そう思う人もいると思います。

でも、聖・ニコラウスさんの名前が、サンタクロースの名前の元になっていることは事実なのです。

そこで、私的な考察が混じりますが、私は、以下のような流れで長い時代を経た結果、今のサンタクロースの名前になったと考えています。

■サンタクロースへの名前の変化

聖・ニコラウスの素晴らしいエピソードは、教会を通じてヨーロッパ全土に広がり、聖・ニコラウスの名前は有名になりました。

故に、国によって、聖・ニコラウスの名前の呼び方が変わることもありました。

聖・ニコラウスの“聖”は、英語だとsaint(セイント)ですが、オランダ語だと“Sint(シントゥ)”と書きます。

聖・ニコラウスの名前をオランダ語表記にすると、“Sint-Nicolaas(シントゥ・ニコラース)”となります。

その“シントゥ・ニコラース”が時代を経て発音が変化して、現代のサンタクロースになったと言われています。

その発音の変化の過程は、多分以下のとおり。(笑)
(※私的な見解が多く入っています。)

シントゥ・ニコラース

シントニコラース
(トゥと二を連続で発音し、小さい“ゥ”が消滅)

シントンコラース
(二が訛ってンへ変化)

シントコラース
(ンが省略されて消える)

セントコラース
(シがセへ変化(欧州の人種の入り乱れが理由?!))

センタコラース
(時代を経てトがタに変化)

サンタコラース
(同じ理由でセがサへ変化)

サンタクラウス(現代)
(ドイツ語圏でコラースがクラウスへ変化(ドイツ系の男性名詞との融合?!))
サンタクロース(現代)
(英語圏でコラースがクロースに変化)

こんなところですね。

私的な見解なので、本当に正しいかどうかはわかりませんが、自分は上記のように変化したんじゃないかと考えています。

はい、こじつけです。(笑)

諸説ありますので、その旨、ご了承願います。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

クリスマスプレゼントを靴下に入れる理由

クリスマスイブは実は24日じゃない?!

クリスマスはキリストの誕生日じゃない?!