【亥年】猪にちなんだ神社in名古屋・愛知県

干支の亥年には、猪にちなんだ神社に
参拝したいという人も結構いると思います。

亥年生まれの人なら尚更ですね。^^

そこで今回は、愛知県限定ですが
猪にちなんだ神社をチェックして記載しました。

皆様の参考になれば幸いです。

猪子石神明社(いのこいししんめいしゃ)

猪子石と書いて“いのこいし”と読む神社です。
地元では、猪子石を“いのこし”とも呼んでいます。

平安時代初期から続く、歴史が深い由緒ある神社です。

元々は、神明社の南にある香流川のすぐ近くにあったそうですが、
香流川が幾度も氾濫したため、江戸時代初期(1622年)に
現在の場所へ遷座されたそうです。

猪は神の化身であり、
その猪に因んだご利益(足腰守護・子孫繁栄)などがあるそうです。

そのため、干支が亥年の年は、
参拝客が大勢訪れます。

なお、御祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)で、

  • 須佐之男命(スサノオノミコト)
  • 菊理姫命(ククリヒメノミコト)
  • 日本武尊命(ヤマトタケルノミコト)
  • 豊受大神(トヨウケノオオカミ)
  • 大山祇命(オオヤマヅミノミコト)

の五柱を合祀しているそうです。

<参拝者数>不明(亥年は多数)
<御利益>子孫繁栄・五穀豊穣・足腰守護・耳の守護
<住所>愛知県名古屋市名東区神月町602番地
<TEL>052-771-3244
<HP>https://inokoishishin.jimdo.com/

猪子石神社(いのこしじんじゃ)

この神社は非常に小さい神社ですが、
この神社がある地域の昔の名前の
猪子石(いのこし)村の由来になった、
猪子石という石があります。

この石はなめらかな形をしており、
そのカーブの形状が猪の背に似ていることから
猪子石と呼ばれるようになったそうです。

この石は別名、牡石(おいし)とも呼ばれ、
猿田彦大神を祀っているそうです。

しかし、この牡石に触ると祟りがあるとされるので、
お賽銭を入れて拝むだけにしておきましょう。

ちなみに、この牡石の対になる牝石(めいし)を祀っている
大石神社が近くにあります。

そちらは安産の御利益があるとされ、
子宝を授かりたい新婚さんや妊婦さんに向いています。

なお、冒頭でも書きましたが、
猪子石神社は非常に小さい神社で、
駐車場は無く、社も存在しません。

どうやら、石を祀っているだけのようです。

参拝するなら、猪子石神明社に行くといいでしょう。

<参拝者数>不明
<御利益>不明
<住所>愛知県名古屋市名東区香坂515番地
<TEL>なし
<HP>なし

大石神社 (おおいしじんじゃ)

猪子石公園のすぐ隣(北西)にある、
とても小さな神社です。

この神社も猪子石神社と同じく、
石を祀っているだけで社がありません。

この神社に祀られている石は牝石(めいし)と呼ばれ、
先ほど紹介した猪子石神社の牡石と対になっており、
猿田彦大神の妻である天宇受賣命(アメノウズメ)を祀っているとされています。

この牝石には小さな石がいくつも付いており、
それ故に、子宝に恵まれるとされ、安産の御利益があるとされています。

なお、冒頭でも書きましたが、
大石神社は非常に小さい神社で、
駐車場は無く、社も存在しません。

参拝するなら、猪子石神明社に行くといいでしょう。

<参拝者数>不明
<御利益>安産
<住所>愛知県名古屋市名東区山の手1丁目707
<TEL>なし



以上、こんなところですね。

猪に関する神社やお寺は、
全国規模では沢山あるようですが、
愛知県では、上記の3つくらいしか無いようです。

他の干支の動物にちなんだ神社なら、
愛知県内でももっと多くあるかもしれませんね。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

■関連項目

初詣で行く名古屋・愛知県内の神社・お寺

神社に参拝に行く人のための正しい作法まとめ

【戌年】犬にちなんだ神社in名古屋・愛知県

【子年】鼠(ねずみ)にちなんだ神社・お寺in名古屋・愛知県

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする