土用の丑の日│2019年は7月27日│ウナギ食べる由来

◆今年2019年の土用の丑の日
7月27日です。

土用の丑の日はといえば、
ウナギを食べる日として定着しています。

うな重、うなぎの蒲焼、ひつまぶし・・・

考えただけでも、
口の中が潤ってしまいます♪

鰻の蒲焼

今回は、土用の丑の日に関することや、
ウナギが本当に体にいいのかどうかなどを
調べてみました。

皆様の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

■土用の丑の日の意味

土用の丑の日の“土用”とは、
立秋の直前の18日間”のことです。

厳密には、土用は以下の四つの
季節の変わり目の直前の18日間を指します。
(19日間の説もあります)

  • 立夏(春)
  • 立秋(夏)
  • 立冬(秋)
  • 立春(冬)

これら四つの変わり目は四立(しりゅう)といいます。

多分、カレンダーなどで
見かけたことがある人もいると思います。

で、これらの日の直前の18日間を
土用”と呼びます。

つまり、土用の期間は、18×4=72で、
一年に72日間あるということになりますね。

しかし、現在使われる“土用”は、
主に立秋(8月初旬)の直前の18日間
を指すことが多いのです。

故に、

土用立秋の直前の18日間

と覚えておいてもらっても
いいと思います。

次に“”について。

丑とは、

干支(えと)十二支に出てくる
のこと

です。

干支は年賀状に書く干支のこと。

干支十二支は
寅宇辰巳午未申酉戌亥。

これらの中の“”こそが、
土用の丑の日の“”です。

昔の干支は年だけでなく、
月や曜日としても使用されていました。

ですので、一年の内、
12日に一回は丑の日が必ず来ることになります。

ここまで来たら、もう簡単ですね。

立秋の直前の18日間のうち、
丑にあたる日土用の丑の日なのです。

以上で、土用の丑の日の意味が
何であるかわかりましたね。

そして、気付いた人もいると思います。

土用の丑の日
二日間ある年もある

と。

なぜなら、土用は18日間。
干支の曜日は12日周期。

6日もの幅があるのです。

なので、干支の2番目にあたる丑の日は、
年によっては土用の期間中に2回来る
ことになります。

ちなみに、1回目の土用の丑の日を
一の丑、2回目を二の丑と呼びます。

目次へ戻る

■土用の丑の日にウナギを食べる由来

ウナギ-うなぎ-鰻-蒲焼-かば焼き

これには、以下の5つの説があります。

しかし、どの説も憶測の域を出ず、
本当なのか定かではありません

◆平賀源内の進言説
かつて、平賀源内が、売れない鰻屋に
「本日丑の日」と看板を出せと進言し、
その通りにしたら店が繁盛した。

それを他の鰻屋が真似するようになり、
やがて、丑の日に鰻を食べるのが
世間一般に定着した。

これが、一番有名な通説ですね。

◆縁起の語呂合わせ説
丑の日に「う」のつく
食べ物を食べれば、
スタミナがついて夏バテしない。

という説があったらしい。

そこで、鰻や瓜、梅、馬の肉などが
食べられたそうです。

現在では、鰻以外は
丑の日に集中的に食べることはありませんね。

◆丑の字=うなぎ二匹説
毛筆で書いた丑の字が、
鰻が二匹並んでいるように見えた。

だから、丑の日に鰻を食べるようになったというもの。

毛筆による字は、
人によって筆跡が大きく異なると思います。

よって、この説である可能性は
極めて低いと思います。

◆大田南畝説
平賀源内説と似たようなエピソードの説。

江戸中期の狂歌人・大田南畝が
鰻屋から売れ行きの悪さを相談されて
「丑の日に鰻を食べれば薬と同じになる」
ようなことを言ったらしい。

また、南畝は、その言葉を
自身がプロデュースした狂歌の
キャッチコピーとして使用したそうです。

なかなか商才がありますね。

◆日持ちが良かった説
鰻屋が蒲焼きを子の日、丑の日、寅の日の
3日間の間に作った。

それらを保存しておいたところ、
丑の日に作った蒲焼きだけが
腐らず痛まなかったとのこと。

故に「丑の日の蒲焼きは良いモノ
と考えられた説。

以上、こんなところですね。

これら5つの説のうち、

いずれの説も憶測の域を出ません

ですが、私達が土用の丑の日にかこつけて
鰻を食べることができるなら、
どんな説だろうと構わないと思いませんか?

あ、こんな事言ったら、
説も何もありませんね。(苦笑)

目次へ戻る

■ウナギは本当に身体に良いのか?

土用の丑の日に食べるウナギ。

本当に身体に良いのでしょうか?

本当に身体に良いのかは、
主成分によって決まります。

ウナギは高タンパクであることと、
ビタミンA・B群・D・E、
カルシウム、亜鉛、ヨウ素等が豊富。

以上のことから、
主成分的には非常に身体に良い
食べ物であることが判っています。

消化も良いので、
夏バテ防止に効果があるというのは
あながち間違っていないようです。

ただし、時期的には夏のウナギは
あまり美味しくないそうです。

ウナギの旬の時期は晩秋
つまり、11月頃

冬眠前で栄養を蓄えた時期が旬なのです。

故に、グルメな人は、
晩秋~初冬にウナギを食べるそうです。

ウナギは栄養価が高くて
美味しい食材ですが、
生で食べてはいけません

なぜなら、

ウナギの血には毒がある

からです。

それについての詳細は、
次の項目をご覧ください。

目次へ戻る

■ウナギの血には毒がある!

ウイルス-ウィルス-細菌

実はウナギの血にはがあります

この毒は、イクシオトキシンといいます。

イクシオトキシンは、哺乳類全般に作用する毒で、
生でウナギを食べると危険です。

症状が軽ければ、下痢嘔吐程度で済みますが、
場合によっては呼吸困難
ショックで死亡する例もあります。

結構強い毒性があるということです。

ですが、イクシオトキシンは、
60℃以上の温度で5分以上加熱すれば、
変質して無毒になります。

蒲焼きのように、血抜きがされていて、
しっかりと焼くのなら安全というワケですね。

目次へ戻る

■西暦別 土用の丑の日

土用の丑の日を西暦別に記載しておきます。

2000年~2100年まで。

※立秋直前の18日間に基づいています。

土用の丑の日 2000
7月30日

土用の丑の日 2001
7月25日 8月6日

土用の丑の日 2002
7月20日 8月1日

土用の丑の日 2003
7月27日

土用の丑の日 2004
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2005
7月28日

土用の丑の日 2006
7月23日 8月4日

土用の丑の日 2007
7月30日

土用の丑の日 2008
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2009
7月19日 7月31日

土用の丑の日 2010
7月26日

土用の丑の日 2011
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2012
7月27日

土用の丑の日 2013
7月22 8月3日

土用の丑の日 2014
7月29日

土用の丑の日 2015
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2016
7月30日

土用の丑の日 2017
7月25日 8月6日

土用の丑の日 2018
7月20日 8月1日

土用の丑の日 2019
7月27日

土用の丑の日 2020
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2021
7月28日

土用の丑の日 2022
7月23日 8月4日

土用の丑の日 2023
7月30日

土用の丑の日 2024
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2025
7月19日 7月31日

土用の丑の日 2026
7月26日

土用の丑の日 2027
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2028
7月27日

土用の丑の日 2029
7月22日 8月3日

土用の丑の日 2030
7月29日

土用の丑の日 2031
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2032
7月30日

土用の丑の日 2033
7月25日 8月6日

土用の丑の日 2034
7月20日 8月1日

土用の丑の日 2035
7月27日

土用の丑の日 2036
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2037
7月28日

土用の丑の日 2038
7月23日 8月4日

土用の丑の日 2039
7月30日

土用の丑の日 2040
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2041
7月19日 7月31日

土用の丑の日 2042
7月26日

土用の丑の日 2043
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2044
7月27日

土用の丑の日 2045
7月22日 8月3日

土用の丑の日 2046
7月29日

土用の丑の日 2047
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2048
7月30日

土用の丑の日 2049
7月25日 8月6日

土用の丑の日 2050
7月20日 8月1日

土用の丑の日 2051
7月27日

土用の丑の日 2052
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2053
7月28日

土用の丑の日 2054
7月23日 8月4日

土用の丑の日 2055
7月30日

土用の丑の日 2056
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2057
7月19日 7月31日

土用の丑の日 2058
7月26日

土用の丑の日 2059
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2060
7月27日

土用の丑の日 2061
7月22日 8月3日

土用の丑の日 2062
7月29日

土用の丑の日 2063
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2064
7月30日

土用の丑の日 2065
7月25日 8月6日

土用の丑の日 2066
7月20日 8月1日

土用の丑の日 2067
7月27日

土用の丑の日 2068
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2069
7月28日

土用の丑の日 2070
7月23日 8月4日

土用の丑の日 2071
7月30日

土用の丑の日 2072
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2073
7月19日 7月31日

土用の丑の日 2074
7月26日

土用の丑の日 2075
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2076
7月27日

土用の丑の日 2077
7月22日 8月3日

土用の丑の日 2078
7月29日

土用の丑の日 2079
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2080
7月30日

土用の丑の日 2081
7月25日 8月6日

土用の丑の日 2082
7月20日 8月1日

土用の丑の日 2083
7月27日

土用の丑の日 2084
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2085
7月28日

土用の丑の日 2086
7月23日 8月4日

土用の丑の日 2087
7月30日

土用の丑の日 2088
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2089
7月19日 7月31日

土用の丑の日 2090
7月26日

土用の丑の日 2091
7月21日 8月2日

土用の丑の日 2092
7月27日

土用の丑の日 2093
7月22日 8月3日

土用の丑の日 2094
7月29日

土用の丑の日 2095
7月24日 8月5日

土用の丑の日 2096
7月18日 7月30日

土用の丑の日 2097
7月25日 8月6日

土用の丑の日 2098
7月20日 8月1日

土用の丑の日 2099
7月27日

土用の丑の日 2100
7月22日 8月3日

こんなところですね。

これより未来の分は、
気が向いたら追記しておきます。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする