おうえんの日【3月11日】

◆3月11日は「おうえんの日」

■おうえんの日ってどんな日?

2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災が発生し、多くの命が失われました。

おうえんの日とは、東日本大震災を忘れることなく、今生きてる人たちが小さな一歩を踏み出すのを、愛を持って応援し、愛にあふれた日にする記念日です。

毎年のこの日は、各地で「おうえんフェス」が開催されます。

身近な人の挑戦や第一歩を踏み出すために「皆で応援しあえる社会」を実現するのが目的です。

■提唱・制定者は?

おうえんの日の制定者は、「山下翔一さん(株式会社ペライチ)」「柚木昌宏さん(bondclub)」「高田洋平さん(マネバナ)」の3氏です。

■日付の理由は?

日付の理由は、東日本大震災が発生した日から来ています。

■日本記念日協会に登録されているの?

おうえんの日は、日本記念日協会に認定・登録されています。

登録年は2018年(平成30年)です。


 

こんなところですね。

この「おうえんの日」の趣旨は、今を平穏に生きる人たちのためのものです。

応援とは、単に「がんばれ!」というだけではなく、優しく接することも応援だと思います。

自然災害等で生活の基盤を失ったばかりの人に頑張れと言うのは、実はとても酷なことです。
生きるための基礎そのものが無いのですから、頑張りたくても頑張れないのです。

そういう人たちには、そっと毛布を掛けてあげたり、飲食物を届けてあげるなどの支援と救援の方が、一番の「応援」になります。

東日本大震災から10年以上経ち、復興によって日常を取り戻せた人は幸いですが、未だに傷が癒えない人もいるのです。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

日本の記念日一覧(1月1日~12月31日)
日本の記念日の一覧です。 1月1日から12月31日までの暦の順番です。 ただし、日にちが変動する二十四節気や雑節そのもの(立春、入梅など)は割愛しています。 空欄の日は、判明次第、追加していきます。 ■1月の記念日 1...