慰霊の日【6月23日】│沖縄では条例で休日

◆6月23日は慰霊の日

沖縄では6月23日が
慰霊の日とされているそうです。

慰霊の日とは、
太平洋戦争中に沖縄で行われた
全ての戦闘で亡くなられた人を弔う
追悼の日のことです。

1945年のこの日、
沖縄での実質的な組織戦闘が終結したとのこと。※
(太平洋戦争そのものの終結は8月15日)

※終結を知らない末端の兵士等はゲリラ的に戦闘していた模様。

それに基づいて、
沖縄全戦の戦没者を追悼する日とし、
この日を慰霊の日に制定したそうです。

 

■慰霊の日は沖縄のみで休日

元々、慰霊の日は琉球政府が決めたもので、
ちゃんとした公休日でした。

しかし、1972年に沖縄が日本に本土復帰したため、
公休日では無くなってしまいました。
(琉球政府消滅のため、法的根拠が無くなった)

そこで、沖縄県自治体は、
この日を条例で休日と制定。

よって、沖縄県のみですが、
慰霊の日は休日扱いになりました。

ただし、土日と重なっても
振替休日は発生しないとのこと。

この休みのタイプは、
千葉県民の日に似ていますね。

 

目次へ戻る

 

■休みになるところ

公立の学校、市役所など。

ただし、国家機関は休みにならず、
同じく、国家公務員も休みにならないそうです。
(教職員も含まれる)

例外として、国立大学の琉球大学は
休みになっている模様。

多分、授業は休みだが、
教職員は出勤している可能性がありますね。

ちなみに、この日だけは沖縄県平和祈念資料館と
ひめゆり平和祈念資料館が入館無料になるそうです。

他にも、慰霊関連の施設は、
入館無料になるところがあるようですね。

 

目次へ戻る

 

■沖縄全戦没者慰霊祭

毎年6月23日には、沖縄県主催で
沖縄全戦没者慰霊祭が開催されます。

開催場所は平和祈念公園。
(糸満市摩文仁(まぶに))

正午に一分間の黙祷が捧げられるそうです。

毎年、4000人以上の戦没者遺族が訪れるとか。

戦争の傷跡は、
今でもはっきりと確実に、
沖縄の人々の心に残っているんですね。

沖縄での戦争の話は
キツイ話が多いのですが・・・。

特に、ひめゆりの塔にまつわる話は
もう、悲惨の一言・・・。

一般人が巻き込まれる戦争は
絶対反対ですね。

特に、何の罪も無い若い女性が
戦争で死んでいくのは本当に忍びない話です。

no more okinawas

心から、そう思います。

 

目次へ戻る

 

■慰霊の日以外の日本の6月23日

特になし

ただし、国際的には
オリンピックデーだそうです。

1894年6月23日に
国際オリンピック委員会が
設立されたことが理由で
制定されたとのこと。

オリンピックが開催される年は、
各メディアでオリンピックデーについて
報道されるかもしれませんね。

 

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る