五月晴れ(さつきばれ)とはいつ?│五月晴れの意味と季語

五月晴れって書くぐらいだから、
やっぱり5月じゃないの?って思うかもしれませんが、

現在の6月です。

五月晴れの「五月」とは旧暦の五月のことなのです。

ゆえに、現在の暦に換算すると
現在の6月になります。

6月は初夏で梅雨の時期でもあります。

五月晴れは、実は梅雨と大いに関係があります。

今回は、そんな五月晴れについて
調べてみました。

皆様の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

■五月晴れの意味

五月晴れは、

  • 梅雨と梅雨の合間の晴れ

を意味します。

梅雨の間は、
長雨で空が暗く澱んていますよね?

それが、さーっと晴れて青空が広がり、
心地よい太陽の光が差してくるのです。

そういう晴れを五月晴れと言います。

気分爽快なイメージですよね♪

また、梅雨明け直後の晴れ空
五月晴れと言います。

以上のことから、五月晴れは
俳句などで夏の季語としても使われます。

まあ、夏といっても初夏の意味合いですけどね。

目次へ戻る 

■五月晴れの誤用

五月晴れは、実は2つの読み方があります。

  • さつきばれ
  • ごがつばれ

ですね。

さつきばれ」の意味は前述のとおりですが、
ごがつばれ」と読む場合は意味が違ってきます。

ごがつばれ」の場合は、
そのまんま5月の晴れのことを意味します。

5月半ばは高気圧が多くて
晴れになることが多い傾向にあるようです。

それを「ごがつばれ」と呼ぶわけですが、
漢字にすると「五月晴れ」なので、
「さつきばれ」と同じ漢字になってしまいます。

そういう理由から、
さつきばれ」と「ごがつばれ」を間違って使ったり、
ごちゃまぜに考えてしまっている人が多いのです。

しかも、その中には、
言葉の意味をちゃんと知っているべき
立場の俳人までも含まれるのです。

どうやら現代の俳人には、
五月晴れの意味を勘違いしたまま使っている
人が多いようですね。

5月と6月では、
月が全く違います。

5月6月夏(初夏)

季節も違うのです。

そんなことすらわからずに、
五月晴れという言葉を使って
俳句を作っていたとしたら・・・

本物の俳人達にとっては
憂うべき事態かもしれませんね。

しかし一方で、
趣味で俳句を嗜む人たちにとっては
あまり関係の無いことなのかもしれませんね。

感じが出てればそれでいい

そんなファジーな感覚でやっている人が
増えてきているんでしょうね。

俳人の夏井いつき先生は、
どう思ってらっしゃるのでしょうか。

本人に訊いてみたいものですね。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする