下駄の日【7月22日・11月11日】

◆7月22日と11月11日は「下駄の日」

■下駄の日ってどんな日?

下駄の日とは、日本の伝統の履物の下駄をアピールし、その良さを見直してもらおうという記念日です。

実は、下駄の日は7月22日と11月11日の2つがあります。

7月22日の場合は、下駄の寸法で「七寸七分」など、7が付く数字が使われることと、下駄で雪を踏んだ時の足跡が「二二」に見えることに由来した記念日です。

一方で、11月11日の場合は、「足跡が『11』に見えるから」ということに因んだ記念日です。

どちらの下駄の日も「下駄の裏の突起物」が日付の理由になっているんですね。

確かに、下駄の裏側を見ると、二本の突起物が出ていますね。

ちなみに、これらの突起物のことを「歯」と呼びます。

この「歯」こそが、足跡が「ニニ」や「11」に見える理由ですね。

■提唱・制定者は?

下駄の日(7月21日)の制定者は、「全国木製はきもの業組合連合会」さんです。
ネット上では、同連合会の名称だけが記載されており、他の詳細情報が全く無いので、同連合会は既に存在しないかもしれません。

もう一方の下駄の日(11月11日)の制定者は、「伊豆長岡観光協会」(現・伊豆の国市観光協会)さんです。
伊豆には下駄の老舗のお店があり、毎年11月11には、下駄に感謝して供養する「下駄供養祭」が伊豆長岡温泉で行われるそうです。

■日付の理由は?

日付の理由は前述のとおりです。

■日本記念日協会に登録されているの?

下駄の日(7月22日)は、日本記念日協会に認定・登録されていませんが、「その他の記念日」として、「げたの日」の名称でサイト内で紹介されています。

もう一方の下駄の日(11月11日)は、日本記念日協会に登録されていません。

■下駄(げた)に関する情報など

  • 下駄は日本の伝統的な木製の履物。
  • 元々は、田植えに使われていた田下駄がルーツとされている。
    (※田んぼに沈まないための「かんじき」的なものが付いたもの。)
  • 裏面の突起物は「歯」と呼ぶ。
  • 歯は、少々の雪や泥、水たまりなどを踏んでも足が濡れないためにある。
  • 歯は通常2本だが、1本の下駄もある。
    (通称「天狗下駄」)
  • 歯が無い下駄もある。
  • 下駄と草履(ぞうり)や草鞋(わらじ)との違いは台の素材の違い。
    (木製か草樹皮製かの違い。)
  • 市販の下駄の歯は、後から付けるのがほとんど。
    (台と歯を別々に作り、後から接着剤等で接着する。)
  • 特注の下駄の場合は、原木から丸ごと作る。
    (歯も台と一体化した状態で削って作る。)
  • 「カランコロン」は下駄を意味するオノマトペ。
  • 下駄と入力して変換すると「〓」の字が出る。

 

以上、こんなところですね。

天狗下駄を履きこなすのは至難の業だそうで、絶妙なバランス感覚が必要とのこと。

普通に履いたら、転んで怪我をする可能性が高いです。

つまり、天狗のような「人ならざる者」でないと、履きこなせないそうです。

故に履くのではなく、コレクションとして和室にでも飾っておくのが無難でしょうね。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

日本の記念日一覧(1月1日~12月31日)
日本の記念日の一覧です。 1月1日から12月31日までの暦の順番です。 ただし、日にちが変動する二十四節気や雑節そのもの(立春、入梅など)は割愛しています。 空欄の日は、判明次第、追加していきます。 ■1月の記念日 1...