玉の輿ってなに?語源(由来)をチェック!

玉の輿(たまのこし)とは、

お金持ちの男性結婚すること

を意味します。

裕福な生活を夢見る女性なら、
誰しもご存じではないでしょうか。(笑)

玉の輿の語源(由来)は、実は桂昌院(けいしょういん)という女性が徳川家に嫁ぐ際に出来た言葉です。

桂昌院さん↓

桂昌院さんは、京都西陣の八百屋の娘で、嫁ぐ前のお名前は「お玉」だったそうです。

お玉さんは、三代将軍の徳川家光にみそめられて、側室として結婚しました。

その、「おさん」が、「輿」に乗って嫁ぎ先まで行ったそうです。

輿(イメージ)↓

出典:Wikipedia
原典:Photo taken by J o.

作者:J o

しかも、本来、身分の低い女性が、側室とはいえ天下人の妻になり、後の五代将軍綱吉を生んで将軍生母にまで上り詰めたのです。

将軍生母は、非常に高い権力を持つことができました。

それ故に、身分の低い女性が身分の高い男性と結婚して出世することを「玉の輿」と言うようになりました

こうして、「玉の輿」という言葉が誕生したのです。

そう、桂昌院さんは「江戸時代のシンデレラ」だったんですね。(笑)

以上が玉の輿の語源(由来)です。

そして時代を経て、日本は資本主義の国際社会に変わりました。

資本主義とは、お金を主体とした政治経済体制をとる国の在り方です。

故に、出世する=お金持ちになる という構造が出来上がりました。

そういう理由で、「玉の輿」の意味は、「身分が高い男性と結婚して出世する」という意味から、お金持ちの男性結婚する」という意味へとニュアンスが少し変わったのです。

ちなみに、桂昌院さんは現在、京都市北区にある今宮神社に祀られています。

桂昌院さんは、生まれ故郷の京都西陣の再興に力を入れると同時に、今宮神社の再興にも力をいれていたそうです。

それ故に、今宮神社は現在「玉の輿神社」と呼ばれています。

縁結びの御利益があるとのことです。

年頃の若い女性が、「玉の輿」に乗れるよう願って、毎年大勢訪れるそうですよ。

今宮神社の公式サイトはこちら

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする