緑茶と玉露の違いって何?

スーパーなどで売られている緑茶玉露

一見、どちらも同じ緑茶と思われますが、
これら二つのお茶の違いってわかりますか?

実は意外な違いがあります。

といっても、“字が違う”とか“値段が安いか低いか”などという、
誰でもわかるような違いのことではありません。(笑)

今回は、緑茶と玉露の違いと、
使用されている茶葉などについて記載しました。

皆様の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

■緑茶と玉露の意外な違い

緑茶と玉露の違いはズバリ、

栽培方法です!

「え?違う種類の植物を使ってるからじゃないの?」

と思った人も結構いると思いますが、
実は、緑茶玉露に使われる植物は同じで、
カメリアシネンシスという植物の葉っぱから作られます。

緑茶の場合は、時期が来るとそのまま収穫されますが、
玉露の場合、収穫の約20日から、黒い幕で葉っぱを覆うのです。

葉っぱを覆うことで日光を遮ると、
玉露用の葉っぱとして収穫できるのです。

つまり、緑茶よりもひと手間かかっているワケですね。

それが、値段の違いに出てきます。

でも、玉露が高い理由はそれだけじゃありません!

味にも違いが出るんです。

なぜ、味にも違いが出るのかは、
次の項目で解説します。

目次へ戻る

■何故味の違いができるのか?

前の項目で、玉露は黒い幕で覆うことで
日光を遮って作られることがわかりました。

では何故、日光を遮ると
緑茶玉露味の違いができるのか?

それは、日光を遮ることで、

お茶の葉本来の味変化しなくなる

からです。

実は、お茶の葉っぱにはテアニンと呼ばれる
旨味成分(ほんのり甘い味)が含まれています。

しかし、テアニンは長期間直射日光に当たると、
葉っぱの中でカテキン(渋い味)に変化します。

緑茶は、収穫まで日光に晒されているため、
テアニンの大部分がカテキンに変化した状態で収穫されます。

一方、玉露の場合は、収穫までの20日間、
黒い幕で直射日光を遮られるため、
テアニンが緑茶よりも多く残っています

黒い幕は、直射日光に含まれる紫外線を吸収しやすいため、
普通の幕よりも効果が高いのです。

だから、玉露緑茶よりも口当たりが良いのです。

以上の理由で、緑茶は安くて渋みが強く、
玉露は高くて口当たりが良いという違いができるワケですね。

日本茶を飲みなれていない外国人の方には、
緑茶と玉露の味の違いまではわからないかもしれません。

しかし、前述の通り、手間と味の違いがあるからこそ、
玉露は緑茶よりも価格が高いのです。

この記事を読んでもらって、
そのあたりを理解してもらえれたらいいですね。

目次へ戻る

■緑茶に含まれるカテキンでガン予防

緑茶に含まれているカテキンは、味は渋いものの、
健康番組などでも紹介されているように、
様々な健康効果があることが発見されています。

代表的な健康効果は以下のとおり。

  • 高血圧予防
  • 肥満予防
  • 抗酸化作用
  • 虫歯予防
  • がん予防
  • 消臭効果
  • 整腸作用
  • アレルギー予防
  • 血糖値上昇抑制
  • 認知症予防

中でも、がん予防の効果もあることが
発見されて注目されている成分です。

国立がん研究センターの調査によると、
毎日5杯以上の緑茶を飲んでいる人は、
そうでない人よりも、

胃がんになる確率約21%も低い

前立腺がんになる確率が約11%も低い

ことが報告されています。

なぜ、カテキンがん細胞効くのか?

それは、カテキンががん細胞に触れると、
がん細胞が自滅するからです。
(カテキンの成分が、がん細胞の自滅のシグナルとなるらしい。)

がん死亡率が低い市区町村の中に、
お茶の名産地である静岡県の掛川市、
藤枝市、磐田市などが含まれていることでもわかりますね。

でも、毎日5杯飲むとしても、

いつ飲めば効果的なのか?

それを知りたいところですよね。

答えはズバリ、食後です。

食後は、活性酸素が多く体内に発生します。

活性酸素はがん発生の原因の一つです。

緑茶には抗酸化作用があり
がん発生の原因の活性酸素をかなり減らしてくれます。

なので、食後緑茶を飲めば
そのままがん予防につながるというワケですね♪

渋くても身体に良いのが緑茶。

「良薬は口に苦し」という諺(ことわざ)がありますが、
緑茶はまさに、その諺どおりということになりますね。

目次へ戻る

■実は7種のお茶は全部同じ葉っぱだった!

今やコンビニやスーパーで普通に売られている
以下のお茶、

  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • 紅茶
  • ほうじ茶
  • 玄米茶
  • ジャスミン茶
  • プーアル茶

実は、これらのお茶は全て、
同じお茶の木から作られています!!

「え?違う植物じゃないの?!」

と思う人がほとんどだと思いますが、
実は、原料のお茶の木同じなんです。

そう、前の文章でチョロッと出ましたが、
カメリアシネンシスという植物の葉っぱから作られます。

じゃあ、なぜ風味違いがあるのか?

その答えは、発酵時間加工の2点が違うからです。

◆発酵時間によって味が変わるお茶

  • 緑茶
    (発酵無し)
  • ウーロン茶
    (約12時間発酵させる)
  • 紅茶
    (約13~18時間発酵させる)
  • プーアル茶
    (約1~2ヶ月間こうじ菌で発酵させた後、1~2年熟成させる)

(緑茶はそもそも発酵させないのですが、発酵時間0ということで例に挙げました。)

◆加工によって味が変わるお茶

  • ほうじ茶
    (ほうじ機を使って200℃で炒る)
  • 玄米茶
    (緑茶の中に炒った玄米を入れて加工する)
  • ジャスミン茶
    (緑茶とジャスミンの花を交互に重ねて香りをつける)
    (香りをつけたらジャスミンの花だけをとる)

  • プーアル茶
    (発酵させた後、1~2年熟成させる)

発酵時間と加工の違いによって、
7種ものお茶の味を出すことができるワケですね!

7種のお茶はそれぞれ、
全く別の茶の葉を使っていると思っていましたが、
実は全部緑茶の葉から違う味のお茶を作っていたんですね。

目からウロコ!

大したものです。

目次へ戻る

■まとめ

  • 緑茶玉露の違いは栽培方法にあった
    (茶の葉は同じでカメリアシネンシスから作られている)
  • 玉露は収穫の20日前に黒い幕で覆って日光を遮る
    (日光を遮ることでテアニンのカテキンへの変化を防ぐ)
  • 緑茶カテキンにはがん予防の効果がある
    (カテキンにはがん細胞の自滅を促す作用あり)
  • 緑茶ウーロン茶紅茶ほうじ茶
    玄米茶ジャスミン茶プーアル茶
    7種の茶は全部緑茶の葉で作られている!
    (発酵時間と加工の違いで味を変えている)

以上、こんなところですね。

日常的に飲んでいるお茶のほとんどが、
実は緑茶の葉で作られていたことには驚きました!

ひょっとしたら、他の食べ物や飲み物の中にも、
原料が同じものがあるかもしれませんね。

日常の中にも知らないことがあると、
とても興味をひかれて面白いですね♪

では、今回はこの辺で。

目次へ戻る

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする