【永久保存版】服についた血のシミをキレイに落とす方法

服についてしまった血って、
普通に洗濯しても、なかなか落ちませんよね!

乾燥して時間がたった血のシミならなおさらです。

洗濯の回数を重ねれば、だんだん落ちていきますけど、完全に落ちずに、薄っすらと痕(あと)が残ったりします。

そんな落ちにくい血なんですが、実は簡単にキレイに落とす方法があるんです!

今回は、なぜ血が落ちにくいのかという疑問にお答えしつつ、服についた血のシミをキレイに落とす方法をいくつかご紹介させていただきます♪

皆様の参考になれば幸いです。

 

■なぜ血は落ちにくいのか?

服についた血が落ちにくいのは、
ズバリ、

血の中のタンパク質が原因

です。

実は、人間の血には、さまざまなタンパク質が含まれていて、出血すると固まります。

怪我をした部分にかさぶたができるのは、血液中のタンパク質が固まるからなのです。

厳密にはフィブリンと呼ばれる凝固性のタンパク質が血小板や赤血球などを複雑に巻き込んでできる。

それと同じことが、服についた血にも起こっているのです。

ということは、逆に言えば、服についた血に含まれるタンパク質を分解できれば、服についた血も落ちるというワケですね。

つまり、服についた血をキレイに落とす方法は、

ズバリ、

  • タンパク質を分解できる洗濯方法

ということになります。

次以降の項目で、服についた血をキレイに落とす方法を記載させていただきますね♪(=´▽`=)

 

目次へ戻る

 

■【方法その1】コンタクトレンズの洗浄液を使う

それではお待ちかね!

血のシミをキレイにとる方法はズバリ、

  • コンタクトレンズの洗浄液を使う

です!

なにぃ??!コンタクトの洗浄液
ホントに、そんなもので落ちるの?!

なんていう声が聞こえてきそうですね。(笑)

はい、落ちます♪

服についた血の汚れは、コンタクトレンズの洗浄液で落ちるんです!

実は、コンタクトの洗浄液には、タンパク質の分解酵素の一つ「プロテアーゼ」が含まれているものがあります。

例えば、こんなの↓

そのプロテアーゼと呼ばれる分解酵素が、乾燥してこびりついた血の塊を分解してくれます。

だから、コンタクトの洗浄液で血の汚れが落ちるんです。

驚きですよね!

で、具体的な手順は以下のとおり。

  1. コンタクトの洗浄液を服の血の付いた部分に直接かけます
    コツ血の付いた部分全部にいきわたるよう、まんべんなくかけます。
     
  2. かけたら、一時間ほど放置します。
     
  3. 一時間ほどたったら、普通に洗濯します。

    注意!】洗濯水は新しい水を使うこと!
    風呂の残り湯など、使用済みの水には人間のタンパク質が含まれているので、洗浄液の効果が非常に薄れてしまいます。

 

以上、こんなところですね。

コンタクトレンズの洗浄液で血のシミが落ちるなんて、目からウロコですよね!

でもまあ、考えてみれば、
涙は血液が変化したもの。

つまり、目の中に入れているコンタクトレンズには、涙が常に付着した状態になります。

そんな、長時間目に入れたコンタクトレンズには、タンパク質がたっぷり付着していてもおかしくありません。

そのタンパク質を落とすため、
コンタクトレンズの洗浄液には、タンパク質の分解酵素が含まれているワケですね。

なるほど、納得です。(=´▽`=)

 

目次へ戻る

 

■【方法その2】生姜(しょうが)を使う

コンタクトレンズの洗浄液が無い方は、ある食材で代用可能です。

その食材は、ズバリ、

  • 生姜(しょうが)

です!

生姜にはタンパク質の分解酵素プロテアーゼが含まれています。

例えば肉料理などで、肉を柔らかくするために生姜を用いることがありますよね?

肉が柔らかくなるのは、生姜に含まれているプロテアーゼが働くからなんです。

その性質を、血を落とすのに応用できるワケですね♪

つまり、生姜のしぼり汁を血のシミにかければいいのです。

具体的な手順は以下のとおり。

  1. 生姜をすり下ろします。

     
  2. すり下ろした生姜を手で絞って、
    しぼり汁を服の血の付いた部分に直接かけます
    コツ血の付いた部分全部にいきわたるよう、まんべんなくかけます。
     
  3. かけたら、一時間ほど放置します。
     
  4. 一時間たったら、普通に洗濯します。

    注意!】洗濯水は新しい水を使うこと!
    風呂の残り湯など、使用済みの水には人間のタンパク質が含まれているので、生姜汁の効果が非常に薄れてしまいます。

 

以上、こんなところですね。

基本的にはコンタクトの洗浄液をかける手順と同じです。

これで、服についた血の汚れがキレイに落ちます。

生姜のしぼり汁には、プロテアーゼがたっぷり含まれているので、コンタクトレンズの洗浄液の代わりになるんですね♪

 

目次へ戻る

 

■【方法その3】血を落とせる洗剤を使う

「血を落とすためだけに、コンタクトレンズの洗浄液を買うのは勿体ない。」

「生姜のしぼり汁を使うのは、ちょっと気が引ける。」

そう思う人も結構いると思います。

でも、世の中は本当に便利になりました!

もうすでに、血のシミをキレイに落とせる、専用の洗剤があります。

これさえあれば、血のシミを簡単に落とすことが可能です。

商品をいくつか、簡単にご紹介させていただきますね♪


◆シミ抜き専用酵素「純愛」

かつてテレビ番組でも紹介されたことがある、シミを落とすことに特化した洗剤です。

タンパク質分解酵素が入っているので、血のシミでもキレイに落とすことが可能です♪


◆ナチュラムーン ゴールソープリキッド

衣料用のシミ抜き液体洗剤ですね。

牛胆汁エキスの消化酵素がタンパク質汚れを分解してくれますので、血のシミなどの頑固な汚れもキレイに落ちます。


◆エリクリーン

こちらも酵素入りでしみ抜きにピッタリの洗剤です。

ただし、衣類の部分用です。

価格もリーズナブルなので、お試しで買うにはいいかもしれませんね。


以上、簡単に紹介させていただきました。

他にも、血のシミを落とすのに効果的な洗剤は種類も数多く沢山あります。

  • 液体洗剤
  • 粉末洗剤
  • スプレー式

など、洗剤の形態も様々です。

あなたご自身が使いやすいと思ったタイプの洗剤を選んでくださいね。(=´▽`=)

 

目次へ戻る

 

■タンパク質分解酵素プロテアーゼを含む食材

さて、ここまで読んだ方の中には、

「生姜以外でプロテアーゼを含んでいる食材はないの?」

と思った方もいらっしゃると思います。

もちろんあります!

以下の食材がプロテアーゼを多く含んでいます。

  • イチジク
  • キウイフルーツ
  • パイナップル
  • パパイヤ

こんなところですね。^^

いずれも、血のシミを落とすために使うよりも、普通に調理して食べてしまいたいものばかりですよね。

しかも生姜よりも高い。(;´-`)

それに、血のシミを取るためだけに、わざわざコンタクトレンズの洗浄液や専用のシミ抜き洗剤を買うのは、ちょっと抵抗がある人もいると思います。

なので、結局のところ、血のシミを取るには、生姜のしぼり汁を使うのが一番コスパが良いってことになりますね。

生姜って素晴らしい食材なんですね。(=´▽`=)

 

目次へ戻る

 

■まとめ

  • のシミや汚れが落ちにくいのは
    血の中のタンパク質が固まるため。
    (怪我して出血すると、かさぶたができるのと同じ理由。)
  • 固まったタンパク質さえ分解できれば
    のシミや汚れはキレイに落ちる
    (これこそが本質!)
  • のシミや汚れは
    コンタクトレンズの洗浄液で落ちる。

    (タンパク質分解酵素プロテアーゼがふくまれているため。)
  • 生姜しぼり汁の中にも
    プロテアーゼが含まれているので
    のシミを落とすことができる。
    (コンタクトの洗浄液の代わりになる。)
  • 現代ではのシミを落とす専用の洗剤がある。
    (タンパク質分解酵素が含まれている洗剤。)

 

以上、こんなところですね。

ちょっとした工夫で、血のシミを落とすことができることがわかりましたね。

特に、生姜のしぼり汁で血のシミを落とせるのは、目からウロコですね!

生姜は、いつでもどこでも簡単に手に入る食材。

生姜を使って血のシミを落とすことができる方法は、時代を超えて使える、まさに永久保存版の情報だと思います。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

白いシャツの汚れが取れない場合のお手軽洗濯術