巫女の日【3月5日】

◆3月5日は「巫女の日」

■巫女の日ってどんな日?

巫女の日は、3月5日の3と5が“みこ”と読めるという語呂合わせから誕生した記念日です。

二次元・三次元を問わず、巫女さんのファンたちが盛り上がる日ですね。

主にネット上で盛り上がる記念日で、この日は、SNSなどで巫女のイラストやコスプレ写真などが多くアップロードされ、一部の巫女ファンたちの間で盛り上がります。


写真は例としてのイメージです。
いずれも、素材サイトから正式にダウンロードした素材であり、実際にSNS等にアップされたものとは異なります。

巫女のイラスト:イラストAC

巫女の写真:ぱくたそ

■提唱・制定者は?

提唱者・制定者ともに不明です。

語呂合わせから、ネット上で自然発生的に生まれたと思われます。

■日付の理由は?

日付の理由は、前述のとおりの語呂合わせです。

3月の3=“み” 5日の5=“こ” と読めるところから来ています。

■日本記念日協会に登録されているの?

巫女の日は、日本記念日協会に認定・登録されていません。

そもそも制定者が不明であり、日本記念日協会に申請する者がいないと思われます。


 

こんなところですね。

本来の巫女さんは、神霊に仕える重要な存在であり、その人数は希少です。
(多くの巫女さんはアルバイトまたは非正規雇用者で、巫女の衣装を着ているだけの従業員です。)

本物の巫女さんの外見・衣装だけが注目され、今日のサブカルチャーで利用されるようになりました。

サブカルチャーの様々な創作においては、巫女はキャラのジャンルの一種として定着しているほどのメジャーな存在となっています。

巫女の衣装自体に人の目を引く華やかさがあり、ましてや美しい、または可愛らしい女性が着ると、それだけで絵になるのです。

それを絵師によって女性キャラに着せられると、とても魅力的な女性キャラが誕生することになり、多くのサブカル好き男性が目をハートにするのです。(苦笑)

現在ではネットインフラが充実しているので、サブカルチャーもネットを通じて大きく拡散される時代になっています。

故に、巫女の日という記念日が主にネット上で広まったのも頷けますね。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

日本の記念日一覧(1月1日~12月31日)
日本の記念日の一覧です。 1月1日から12月31日までの暦の順番です。 ただし、日にちが変動する二十四節気や雑節そのもの(立春、入梅など)は割愛しています。 空欄の日は、判明次第、追加していきます。 ■1月の記念日 1月1日 元日...