バウムクーヘンの日【3月4日】ドイツ伝統のお菓子

◆3月4日は「バウムクーヘンの日」

■バウムクーヘンの日ってどんな日?

バウムクーヘンの日は、日本のバウムクーヘンの始まりの日です。

そう、あの木の切り株にみられる年輪のような、美味しいお菓子の始まりの日なのです♪

1919年(大正8年)3月4日に広島県物産陳列館(現・原爆ドーム)で行われたドイツ俘虜展示即売会にて、ドイツ人のカール・ユーハイム氏がドイツの伝統菓子のバウムクーヘンを出品したことに由来します。

バウムクーヘンは製法が特殊であり、専用の器具や技能を必要とするため、一般的なケーキのお店では作っていないことが多いそうです。

なので、コンビニや大手スーパーなどの店舗で売られているバウムクーヘンの中には、バウムクーヘンメーカーが作ったものにトッピングしたり、新たにパッケージングしたりして、自社製品として販売しているケースもあるそうです。

ちなみに、バウムクーヘンは、日本ではバームクーヘンとも書きますが、本来のドイツ語の発音ではバウムクーヘンの方が近いそうです。

■提唱・制定者は?

バウムクーヘンの日の制定者は、「株式会社ユーハイム」さんです。

制定年は2010年(平成22年)です。

(株)ユーハイムさんは、前述のカール・ユーハイム氏を創始者とする、老舗のバームクーヘンメーカーです。
(本社は兵庫県神戸市。)

■日付の理由は?

日付の理由は前述のとおりです。

■日本記念日協会に登録されているの?

バウムクーヘンの日は、日本記念日協会に認定・登録されています。

登録年月日は不明です。


 

こんなところですね。

現在の日本では、バウムクーヘンは普通に市場に出回っていて、手軽に食べることができます。

しかも、イチゴ味や抹茶味、チョコ味など、様々な味のバウムクーヘンが作られて市場に流通しています。


つまり、バウムクーヘンは日本で独自の進化を遂げたわけですね。

そんな風にバウムクーヘンを楽しめるのは、かつてのカール・ユーハイム氏の尽力があってのこと。

3月4日だけは、カール・ユーハイム氏に感謝しましょうね♪

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

日本の記念日一覧(1月1日~12月31日)
日本の記念日の一覧です。 1月1日から12月31日までの暦の順番です。 ただし、日にちが変動する二十四節気や雑節そのもの(立春、入梅など)は割愛しています。 空欄の日は、判明次第、追加していきます。 ■1月の記念日 1...