信号機の青信号は緑色なのに“青”信号と言う理由

信号機の青信号は緑色なのに
”信号と呼ばれている事実

あなたはご存知ですか?

信号機

普段何気なく見ている信号。
信号の色は、左からと呼びます。

しかし、信号の色そのものを
よく見てみると、
実際にはであることがわかります。

緑色なのに、
なぜ“”信号というのか?

不思議ですよね?

今回は、緑なのに青信号と
呼ばれる理由について調べ、
わかりやすくまとめてみました。

皆様の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

■初めて“”と書いたのは新聞記者

実は、”信号と呼ぶようになったのは、
日本のマスコミに由来があるのです。

マスメディアで初めてを“”と
表現したのは、実は新聞記者なんですね。

新聞記者-男-マスコミ-メディア

時は、戦前の1930年にまで
さかのぼります。

1930年3月23日、
信号機が日本に初めて設置されました。

それを取材したのが、
当時の東京朝日新聞の新聞記者さん。
※現在の朝日新聞のこと

その記者さんは、新聞の記事に
の信号の色をと書いたのです。

それこそが、”信号の始まり。

それが世間に広まって、
青信号”と呼ぶのが定着したのです。

残念ながら、
その新聞記者の名前まではわかりません。

それに、80年以上前の話なので、
その新聞記者さんは多分、
ご存命ではないでしょうね。

目次へ戻る

■何故、“”信号と書いたのか?

はてな-?-疑問-女

書いた本人に訊くことは、
今となっては不可能です。

しかし、日本古来の色の表現から
推察することができます。

元々、日本には

という“色の表現”が無かった

のです。

昔の日本人は、緑色の代わりに、
近い色の青色を使って表現していました。

  • 青柳(あおやぎ)
  • 青々と茂る草木
  • 青虫
  • 青松
  • 青竹(あおだけ)
  • 青田刈り
  • 万年青(おもと)

など。

近年では緑色の栄養ドリンク、
青汁」などがあります。

青汁-飲み物

緑色の液体なのに、
名前はですよね。(笑)

例を挙げると、もっとたくさんあります。

つまり、日本では、古来より
緑色を“”と表現することが
習慣化されているのです。

以上のことから、
当時の東京朝日新聞の記者が
緑色の信号の色を“”と表現したのも
頷けますね。

目次へ戻る

■まとめ

  • 初めて“”信号と表現したのは
    昔の朝日新聞の新聞記者
  • の信号を信号と言うのは
    日本古来の色の表現がルーツ
  • 昔の日本には”という
    色の表現が無かった
  • 昔は緑色の代わりに
    ”で色を表現していた

こんなところですね。

緑色と青色が別の色として、
ハッキリと区別されている現代日本。

ですが、で表現する習慣
脈々と続いているのです。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

■関連項目

日本の道路が左側通行になっている理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする