はんこ(判子)と印鑑(いんかん)の違いって?

印を押す道具のことを、
はんこ“や”印鑑“って言いますよね?

はんこ“と”印鑑“の違いって一体何なのか?

あなたは疑問に思ったことはありませんか?

今回は、そんな身近なモノである、”はんこ“と”印鑑“の違いについて調べ、わかりやすくまとめてみました。

皆様の参考になれば幸いです。

目次に、既に多少のネタバレあります。(笑)

 

■”はんこ”と”印鑑”の違い

はんこ“と”印鑑“の違いは、ズバリ、

  • はんこ(印影)を押す道具
     
  • 印鑑とは公的機関(役所・銀行など)正式に登録され、公的に認められた印(印影)のこと

です。

そう、はんことは、道具そのもののこと。

印鑑は、正式に登録され、
公的に認められた印影のことだったんですね!

印影とは、はんこ朱肉(インク)を付けて押した印のことです。

単にはんこで押したは、単なる印影

銀行や役所などの公的機関に登録されることによって、初めて印影印鑑となるワケです。

つまり、はんこ印鑑は、全く別のモノだったんです!

意外でしたね~!

私たちは、はんこと印鑑を混同し、どちらも同じものとして扱ってきました。

しかし、両者は決定的に違っていたのです!

ん~~、勉強になりました!!

 

目次へ戻る

 

■具体的に印影が印鑑となるには?

はんこと印鑑の違いについてのところで少し触れましたが、印影が印鑑となる条件として、公的機関登録される必要があります。

公的機関への登録とはどういうことか?

わかりやすい、身近な例えで言うと以下のとおりです。

  • 婚姻届の提出
  • 離婚届の提出
  • 銀行口座開設
  • 印鑑登録手続き

こんなところですね。

婚姻届の提出は、実に身近な例ですね♪

婚姻届に押したは単なる印影ですが、役所に届けて受理されると印鑑になるのです。

公的機関への登録とは、こういうことを指すんですね。

また、印鑑登録というものもあります。

重要な手続きや契約で使うはんこ(実印など)の印影役所に登録することで、公的な印鑑になります。

一度印鑑登録すると、印鑑証明書を発行することが可能になり、その印が公的本物であることを証明できるようになります。

印鑑証明が必要になるような手続きは、遺産相続や住宅ローン契約、土地の売買契約など、人生において多額の金が動く際に多くあります。

まだ経験が無い方は、「そういうこともある」ということを記憶に留めておいてください。

 

目次へ戻る

 

■はんこと印鑑が混同されるようになった理由

はんこと印鑑が混同されるようになった理由は、明治時代にまでさかのぼります。

明治時代になると、政府の主導で印鑑登録が行われるようになりました。

主に、ニセモノのはんこを公的手続きに使われるのを防止するためです。

その際に、”印鑑”という言葉が公的に使用され、一般に使われるようになったのです。

しかし、既に”はんこ”という言葉が一般的になっていたため、”印鑑”という言葉の使用に戸惑いや困惑があったことも事実。

そのため、はんこと印鑑の違いがハッキリと伝わらず、混同されるようになり、そのまま現代に至っているというワケです。

はんこの方が印鑑よりも歴史が長かったため、正確に認識されなかったというワケですね。

 

目次へ戻る

 

■はんこの正式名称と由来

はんこは、実は俗称なんです。

はんこには、れっきとした正式名称があります。

はんこ正式名称印章(いんしょう)です。

印章の由来は、実は古代中国にあります。

古代中国では、はんこのことを印または章と呼んでいたそうです。

それが日本に伝わった際に、”“と”“が一つになり、「印章」という言葉が生まれたそうです。

3世紀頃の日本、邪馬台国の時代には、既に金印がありました。

ということは、印章の歴史はもっと古く、更に前の時代からあったのではないかと推測できます。

中国って、色んな意味で日本のルーツだったワケですね。

 

目次へ戻る

 

■”はんこ”と呼ばれる理由

今でこそ定着している”はんこ“という呼び方。

でも何故、はんこと呼ぶのか?

気になりますよね?

その理由は、江戸時代の版画が関係しています。

江戸時代には版画や瓦版(かわらばん)を刷る技術が発達し、それを生業とする職業がありました。

版を使って手動で版画を刷る行為を「版行(はんこう)」と呼びました。

版を使えば、同じ内容のモノを何度も刷ることができます。

それと同じように、印章も、何度も押せば同じ印影をいくつも作り出すことができますよね?

つまり、版行と印章を押す行為は、
当時は「似たような行為」と考えられていたんです。

そのため、版画の版よりも小さな印章のことを、”“に”小さい“という意味を表す”“を付け、“版子(はんこ)”と呼ぶようになったそうです。

そして、時代の流れとともに、版子は重要書類などにも使われるようになり、判断や判別という意味を持つ“という字を版の代わりに当てはめるようになりました。

そういうワケで、版子判子という漢字に変化し、現代にまで使われているワケです。

はんこのルーツは江戸時代の版画にあったんですね!

なるほど、勉強になりました!

 

目次へ戻る

 

■まとめ

  • はんこ道具そのものを指す
     
  • 印鑑正式に登録された印影のこと
    (押す道具ではない)
     
  • はんこと印鑑が混同された理由は
    明治時代の印鑑登録制度が原因
    (印鑑の意味正しく伝わらなかったため)
     
  • はんこの正式名称は印章
     
  • 印章は古代中国から伝わった”“と”“が
    一つになった言葉
    (日本に伝わった後、合体した)
     
  • はんこの呼び方の由来は
    江戸時代の版画にあった
    (版画の小さいやつだから”はんこ”)

 

以上、こんなところですね。

はんこと印鑑の違いに、
かなり深い歴史と意味があったとは思いもよりませんでした!

しかし、現実問題として、はんこと印鑑の呼び方は完全に混同されています。

これを是正するのは非常に難しいですね。

何故なら、はんこ印鑑というイメージが完全に定着してしまっているからです。

実際に、はんこを作ったり売ったりしている業者すらも、はんこと印鑑を混同しているのですから、一般市民が混同するのは無理もないこと。

はんこ=印鑑というイメージの定着を「間違っている」と言って壊すのは、非常に難しい状態と言えるでしょうね。

「もう、混同したままでいいじゃない。」

という人が大多数を占めるでしょう。

私も、それでいいです。(笑)

ただ、「実は違うんだよ」という事実を記憶の片隅にでも覚えておいてもらえれば、それでいいと思います。

では、今回はこの辺で。

 

目次へ戻る

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る