裂傷とは何?│裂傷の意味と治療方法(応急処置)

◆裂傷って何?

裂傷とは文字通り、

  • 裂けた傷

のことです。

具体的には、

  • 皮膚や肉が裂けて出血する程の傷

ですね。

普通に生活していて、
裂傷を負うことは稀です。

大体は、何らかの意図的な力が加わって
裂傷を負うことがほとんどです。

今回は、そんな裂傷について
チェックしてみました。

皆様の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

■裂傷の特徴

裂傷の特徴は、
切り傷よりも傷口が荒いです。

裂傷は、切り傷のように、
刃物などの鋭利なものでついた
傷口が比較的きれい(鋭利という意味で)
なものではありません。

木の枝やヤスリや動物の爪、
ノコギリなどギザギザしたもので
引っかかれた“引っかき傷”のようなものです。

ノコギリの傷といえば、
過去に有名アイドルグループAKB48の
当時のメンバー2人(川栄さんと入山さん)が
握手会の最中に暴漢にノコギリで襲われ、
裂傷と骨折を負わされた事件がありました。

事件詳細についてはこちら(wikipedia)

ちなみに、出血すらしない浅い裂傷は、
擦過傷(すり傷)と言い、
裂傷とは別物と考えられています。

なお、医学用語的には、
裂傷という言葉は正確な表現ではありません。

裂傷に近い医学的な表現としては、

切創(切り傷)擦過傷(すり傷)を足したもの

が裂傷にあたります。

創傷についての詳細はこちら(wikipedia)

目次へ戻る

■どのくらい痛いのか?

子供-女の子-涙-泣

裂傷の深さによりますが、
皮膚や肉が裂けているので、
瞬間的な痛みはかなり痛いです。

まあ、痛みの程度というのは
個人差があります。

ですが、裂傷は切り傷のように、
スパッと切れた傷ではなく、
皮膚と肉が無理やりズタズタに
引き裂かれた

あまりに痛くて唸る人もいます。

しかも、裂傷は傷口が荒くて
治りにくいので、痛みはしばらくの間続きます。

痛みが取れて治ったとしても、
傷痕が残る可能性が大きいです。

目次へ戻る

■裂傷の治療方法(応急処置)

・出血がほとんど無い場合(かすり傷程度)

消毒してオロナインなどの軟膏を塗り、
絆創膏を貼っておきましょう。

痛みや炎症がひどい場合は、
外科のある病院へ行きましょう。

・出血が多い場合(傷が深い・急所など)

ガーゼやタオル、包帯などで止血しながら
外科のある病院へ急ぎましょう

傷の部位や出血量によっては、
救急車を呼んだほうがいいと思います。

結局、医師に診てもらうのが最も有効な手段ですね。

痛みを我慢せずに、
早く病院に行くのが一番です。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする