梅雨とは│梅雨(つゆ)と梅雨(ばいう)の読み方の違い

・梅雨(つゆ)ってなに?

梅雨-あじさい-かたつむり

梅雨をわかりやすく言うと

夏の始まりに降る雨の時期

のことです。

別の言い方をすれば、
日本独特の雨期(うき)の名前ですね。

今回は、

  • 梅雨とはなんなのか?
  • どうやってできるのか?
  • つゆ”と“ばいう”の読み方の違い

など、梅雨にまつわる疑問の答えを
なるべくわかりやすく書いてみました。

皆様のお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク

■梅雨のしくみと梅雨前線

梅雨は、梅雨前線から降る雨のこと。

梅雨前線は、横長の雲のかたまりです。

春の終わりから夏の初めごろに、
日本の東西南北の空に高気圧の気団(空気のかたまり)ができます。

それらの高気圧の気団に押されて、
日本の上空に集まった雲のかたまりが梅雨前線です。

↓こんな感じです
梅雨前線-図

図で、赤の半球青の三角
書かれているのが梅雨前線ですね。

なぜ雲ができるのかというと、
温度差があると水蒸気が出るからです。

雲は水蒸気のかたまりです。

例えば、風呂場に鏡を持っていくと
白く曇るでしょう?

それは、風呂場の気温と鏡では
温度差があるからです。

温度の低い鏡の方に水蒸気の粒がついて
白く曇るのです。

また、お湯が入っているお風呂場は
空気が白く曇っているでしょう?

それは、お湯と空気に温度差があるからです。

温度の低い空気の方に水蒸気がたまって
空気が白く曇るのです。

それと同じように、
空にある空気にも温度差があって、
高気圧だと気温が高く、低気圧だと気温が低いのです。

その高気圧と低気圧の間にできるのが
雲のかたまりなのです。

梅雨前線は、高気圧に挟まれた
低気圧の空気との温度差によってできる、

横になが~~い雲のかたまり

というワケですね。

目次へ戻る

■“つゆ”と“ばいう”の読み方のちがい

梅雨の漢字の呼び方は、
つゆ”と“ばいう”の
二種類があります。

まあ、どちらの呼び方をしても
間違いではありません。

しかし、“つゆ”と呼ぶときは大体
梅雨の漢字二文字の時で、
ばいう”と読むときは、
梅雨前線という言葉の時が多いですね。

そういう使い方の違いもありますが、
実はもっと明確な違いがあるんです。

それはズバリ、

由来の違い

です。

梅雨を“つゆ”と読むのと
ばいう”と読むのには
それぞれ違った由来があるのです。

それに、梅雨といっても、
梅の味や匂いがするわけじゃありません。

なのに、なぜ“梅雨”と書くのか?

つゆばいうの読み方の違いも含めて、
次の項でわかりやすく説明しますね。

目次へ戻る

■なぜ「梅」と「雨」で“つゆ”なのか?

梅に雨と書いて“つゆ”と呼ぶのには、
以下の二つの由来があります。

  • 日本歳時記の表記
  • 露と潰ゆの語呂合わせ

日本歳時記とは、
1688年江戸時代に書かれた書物で、
四季12か月で行う祭事や農事などを
記録したもの。

その中に、梅雨を“つゆ”と名づけた
という記録があります。

ゆえに、それが梅雨(つゆ)の由来だ
という説ですね。

もう一つの説は、
雨の別の呼び方の“露(つゆ)ですね。

初夏の雨が降る時期は、
梅の実が熟して潰れる時期でもあります。

昔は、潰れるという言葉は
「潰ゆ」と書いて“つゆ”発音したそうです。

それが露とこじつけられ、
露と潰ゆの語呂合わせで
梅雨(つゆ)と呼ぶようになった説です。

日本人は昔から、言葉の語呂合わせを
よく行う国民性がありますね。

良くも悪くも、
同じ発音の言葉同士を

こじつける

ことが好きな民族と言えるでしょうね。(笑)

以上二つの説が、
梅に雨と書いて“つゆ”と呼ぶ由来と言われています。

しかしながら、どちらの説も

信ぴょう性が高いとは言えない

のが現状です。

なぜかというと、梅雨(つゆ)の由来については、まだまだ未解明の部分が多いとされており、専門の学者間では結論が出ていないからなのです。

というワケで、
梅雨(つゆ)の由来とされる

  • 日本歳時記の表記
  • 露と潰ゆの語呂合わせ

の二つの説も、それぞれが「一説に過ぎない」ということです。

とりあえず、人に訊かれたら、
これら二説を言っておけば、まあ、問題ないでしょう。

目次へ戻る

■梅雨を“ばいう”と呼ぶ由来

梅雨(つゆ)の呼び方の由来と同じように、
梅雨を“ばいう”と呼ぶ説にも、
以下の二つの説があります。

  • 梅の実が収穫できる時期
  • 黴雨(ばいう)の変化
    ※黴=カビ

の二つが有力視されています。

春の終わりから初夏の時期は、
梅が実を熟す時期なんですよね。

なので、その時期に降る雨ということで
梅雨(ばいう)という名前がついたという説。

もう一つの説、黴雨の変化説は、

梅雨の長雨の時期は
黴(カビ)が生えやすい時期。

黴は、音読みで“ばい”とも読みます。

それゆえに黴雨(ばいう)と呼ぶようになり、
それが梅の実が熟す時期の雨と関連して、
梅雨(ばいう)に変化したという説です。

現在のところ、
どちらの説も有力視されているので、
どちらの説を人に語っても正解です。

あなたが信ぴょう性を感じる方を語ってあげればよいでしょう。(笑)

ちなみに、ばい菌の“ばい”は
黴の“ばい”のこと。

ばい菌=黴菌

のことなのです。

この“黴”は常用漢字じゃなく、
書き方も難しい。

そういう理由もあり、
いつしか、“ばい菌”という
ひらがなを使うようになったのです。

単純でわかりやすい表記を
使っているワケですね。

さて、ここからは余談ですが、
カビだろうと細菌だろうと菌は菌。

人間にとって有害になることがあるんですよね。

だからといって、なんでもかんでも消毒殺菌してしまうと、菌に抵抗する必要が無い環境を自ら作ってしまうことになります。

必要以上の消毒殺菌によって、本来身体に備わっていた菌への抵抗力が必要無くなってしまうので、身体の免疫システムが自然に弱体化してしまうのです。

ゆえに、必要以上の殺菌は、
人間自身の免疫力そのものが低下する原因になります。

必要以上の過剰な処置で、
かえって病気になりやすくなってしまうのです。

過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し

何事も適度が良いってことですね。

では、今回はこの辺で。

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

■関連項目

梅雨のじめじめに注意!カビと細菌の対策10選!

紫陽花(あじさい)に赤と青の色の違いが出る理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする