ご苦労さん(ご苦労様)とお疲れさまの違い

職場や学校の部活動(サークル内)など、
上下関係がある社交の場の中でよく使われる言葉に、

ご苦労さん(ご苦労様)

お疲れさま

がありますよね。

普段何気なく使っている
これらの言葉の明確な違いはご存知ですか?

はてな-?-疑問

どちらも、
相手を気遣い、労(ねぎら)う言葉
には変わりはありません。

でも、両者には明確な違いがあるのです。

今回は、ご苦労さん(ご苦労様)
お疲れさん(お疲れ様)の違いについて
わかりやすくまとめてみました。

皆様の参考になれば幸いです。

 

■ご苦労さんとお疲れさまの違い

違いはズバリ、

言う対象の立場が自分より上か下か

です。

四人-男-女-集まり-グループ

言う相手が目上の人、
たとえば、学校の教師や先輩、
職場の上司の場合は、

お疲れさまです。

などと言い、

逆に、相手が年下(後輩)や教え子、
または部下なら、

ご苦労さん(ご苦労様)

などと言います。

こんな風に、
相手の立場が自分より上かどうかで、
言葉の使い方が違うのです。

この違いを知らなかった人は、
覚えておくと社会に出てから役に立ちます

ちなみに、同僚や上下関係が無い知り合いや友人たちに対しても、「お疲れさま」を使う時があります。

それは、相手に親しみありがたみの気持ちを感じている場合ですね。

 

目次へ戻る

 

■どういう時に使うのか?

ご苦労さん」の正しい使い方は、

下の人間が仕事などの義務を終えた時

に上の人間が使います。

会議-上司

例えば、部下が取引先まわりを終えて帰社した際に、上司が部下に対して

ご苦労さん

というのが正しい使い方です。

また、「お疲れさま」の場合は、

会社の仕事がひと段落したり、一日の仕事が終了した時

などに使います。

会話-男女

基本的には同僚や目上に対して
使う言葉ですが、
上司が部下に対して使っても、
もちろん構いません。

ご苦労さん”を使うよりも、
お疲れさま”と言った方が
むしろ、優しい印象を与えるので、
ウケは良いかもしれませんね。(=´▽`=)

まあ、とにかく、どちらの言葉も、

何かが終わった
キリのいいタイミング

で使う言葉ですね。

これがしっかりできる人は、
職場や学校などでも、人受けもそこそこ良い人物として評価されていきます。

 

目次へ戻る

 

■言い方の選び方

4人-男-女-集まり

同じ言葉であっても、
言う相手によって言い方を選ぶ悪い印象を与えません。

以下はその例です。

相手が同僚や友人の場合

  • お疲れさま(でした)
    普通ですね。
  • お疲れさん
    これも普通です。
  • お疲れ
    親しい相手以外で使うと印象が悪いです。

相手が上司や年上の方の場合

  • お疲れ様です(でした)
    普通はこんな感じです。
  • お疲れ様でございます
    丁寧で完璧!まるで執事のセリフのよう。

相手が部下や後輩の場合

  • ご苦労
    権威主義を感じます。
  • ご苦労さん
    普通な感じです。
  • ご苦労さま
    女性上司のセリフっぽいですね。
  • お疲れさん
    くだけた感じで親しみやすい印象です
  • お疲れ
    言いなれた感じがします。
  • お疲れさま
    普通な感じですが、低姿勢ですね。

相手が上下関係のない知人の場合

  • お疲れさまです(でした)
    一番普通でスタンダードです。

こんなところですね。

社会人になると、
大体みんなこんな感じで使い分けるようになります。

正しい使い方を知らなくても、
周りが正しい使い方をしていれば自然と身につくものです。

知らなかった人は、
これを機に覚えるといいでしょう。

 

目次へ戻る

 

■語尾に“です”をつけてトラブル回避

ご苦労さんとお疲れさまの違いや使い方がよく理解できない人は、

語尾に、

です” や “でございます

をつければ、
とりあえずトラブル回避は可能です。

ご苦労さんです
ご苦労さんでございます

と、間違って上司に言ってしまったとしても、笑われるか、軽い説教程度で終わります。

まあ、社会人の中には、言葉遣いに厳しい人がいます。

怒-指差し

そんな人に当たってしまったら、
軽い説教程度では終わらない可能性もあります。

ですので、

お疲れ様です

で、全部統一するのもトラブル回避策の一つとして良いと言えますね。

 

目次へ戻る

 

■意外と低い、“違い”の認知度

実は、“お疲れさま”と“ご苦労さん”の違いを知らない人は意外といて、人間関係のトラブルの原因の一つになっています。

怒

近年では、投票に来た中年男性に対して、
投票所の投票管理者が

ご苦労さん

と言ったため、中年男性は激高

投票管理者を殴ったという事件がありました。

中年男性の言い分を端的に言うと、

投票管理者の部下でもなんでもないので、ご苦労さん”などと格下扱いされる云われはない

とのことでした。

普通はここまでキレる人は珍しいですが、中にはこういう人もいるということです。

こういう時、投票管理者は、

ありがとうございます

とだけ言えば良かったのです。

少なくとも、殴られずには済んだでしょう。

思わぬトラブルに巻き込まれないよう、言葉遣いには気をつけないといけませんね。

 

目次へ戻る

 

■まとめ

  • ご苦労さん」と「お疲れさま」の違いは
     相手の立場が自分より上か下か
  • ご苦労さん」は下の相手に使う言葉
  • お疲れさま」は上の相手に使う言葉
  • 上の者が下の者に「お疲れさま」を使ってもいい
  • ご苦労さん」を上の者に使うとトラブル
  • 面倒なら「お疲れさまです」で統一

 

以上、こんなところですね。

二つの言葉遣いの違いと使い方が
これで分かりましたね。

この機会に、「お疲れさま」と「ご苦労さん」を意識して使い分けるといいと思います。

言葉は人間同士の
コミュニケーションの根幹です。

言葉を選ぶだけで、人間関係のトラブルを避けられるなら、これに越したことはありませんからね。

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る