牛乳を飲むときに腰に手をあてる理由

お風呂上りや銭湯から出た直後に
グイッと一杯飲む牛乳って美味しいですよね♪

で、牛乳瓶に入った牛乳を飲むとき、
何故か腰に手をあてますよね?
(当てない人もいますが…)

何故、牛乳を飲むときに腰に手をあてるのか?

その理由はズバリ、

牛乳瓶飲み口鼻に当たらないようにするため

です。

飲んだ人はわかると思いますが、
牛乳瓶の飲み口は、他の飲み物の容器(ペットボトルなど)よりも、かなり大きいのです。

その飲み口の内径は実に34mmもあります。

(何故飲み口が大きいのかは、こちらのページで解説しています。)

なので、牛乳瓶から直接牛乳を飲もうとすると、
飲み口の外側が鼻に当たることがあります。

一度それを経験すると、
無意識のうちに鼻に当たらないように体が反応するようになります。

その反応こそが、
腰に手をあてる
という行為なのです。

腰に手をあてると、
体が、普通よりも後ろにのけ反ることができるようになります。

腰に手をあてた分、
体を前に押し出す力が働くからです。

前に押し出した分、体がのけ反りやすくなるんですね。

大きくのけ反れば、
その分、牛乳瓶の飲み口が大きくても、
鼻に当たりにくくなるのです。

以上が、牛乳を飲むときに腰に手をあてる理由です。

腰に手をあてる理由は、
体を支えるためでは無かったんですね。

知ってみて驚きました!

では、今回はこの辺で。

 

TOPへ戻る

サイトトップへ戻る

 

■関連項目

牛乳瓶の飲み口が大きい理由